人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2009年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

カーミージーの観察会

今日は、港川小学校の新4年生の総合学習のお手伝いで、カーミージーの干潟に出かけました。

c0180460_4145188.jpg

「干潟の生物を観察しよう!」と130名が、4班に分かれてスタートしました。たくさんの保護者の方も応援に駆け付けてくれました。

c0180460_4162682.jpg

130名のパワーはやはりすごいもので、どんどんいろんな生物を発見して行きます。

c0180460_4173544.jpg

c0180460_4182590.jpg

カニだけでも、シオマネキ、

c0180460_420837.jpg

毒を持ったスベスベマンジュウガニ(食べてはいけません!!)、ケブカガニ、

c0180460_421531.jpg

ソデガラッパ、

c0180460_4214029.jpg

名前のわからない珍しいものから、

c0180460_422465.jpg

脱皮した殻までいろんなものを見つけていきます。すごいパワーです!

カレイの幼魚を見つけた時などは、みんながワァ~ッ!と集まってきてしまい、水が濁って見失ってしまうことも・・・

c0180460_4225369.jpg

魚も、ウツボの幼魚、ヨウジウオ、タツノオトシゴ、ハゼの仲間とたくさん出会えました。

c0180460_4233115.jpg

藻や水草の種類もたくさんあるのですが、あまり興味・関心が向かないようで、ヤドカリ、シャコ、カニ、魚など動くもの、

c0180460_4235577.jpg

変わった形の砂茶碗などに目が向く傾向があるようでした。

c0180460_4243564.jpg

さらに、普段手にすることのないクロナマコ、オオイカリナマコ、ハネジナマコなどに触れることができ、おおはしゃぎできたことがとても印象に残ったようでした。

c0180460_4251577.jpg

最後に、それぞれが感想を述べ、2時間近くの観察会を無事終えることができました。

その後、待ちに待った大潮なので、モズクを採りに出かけました。

c0180460_4362986.jpg

いつも採れるところに行きましたが、みんなドロドロに溶けたようになっていました。はっきりモズクと分かるものも口に含んでみましたが、カスカスで普段のドロッ!ツルツル!感が全くありませんでした。

どうやら今年のモズクは胞子をサンゴのかけらや砂や小石にくっつけて「夏眠」に入ったようです。寒くなり、水温が下がる冬に、また出会えることを楽しみにして、干潟を後にしました。
by nami-5963 | 2009-06-09 02:57 | 磯遊び | Comments(3)

ホタルの観察会

県立石川少年自然の家の「ホタルウォッチング」に出かけました。

c0180460_10263918.jpg

石川少年自然の家は、石川岳(204m)の山麓にあり、ヤンバル(山原)の最南端の自然にあふれた施設でした。

c0180460_10271534.jpg

そこに親子連れ、じじ・ばば連れの80人以上が集まり、4班に分かれて活動しました。

明るいうちにホタルの観察ルートを一度歩いて、危険な場所・ホタルがよく見られる場所・川が流れている場所などを把握しておきます。

c0180460_10275126.jpg

次は、ホタルを中に入れて遊ぶ「ホタルの提灯作り」を体験しました。

c0180460_10281820.jpg

ヤスリでテリハボクの身を削り、中の実をくりぬき、ふたといっしょに糸を通して竹にくくりつけてできあがり!みんなとても熱心に、楽しく取り組んでいました。

食事をしてから琉球大学の先生からホタルの説明を受けました。
ホタルは世界に2000種いると聞いて、まずビックリ!日本には47種いて、沖縄に21種、沖縄本島に7種いると聞いてまたもやビックリ!

c0180460_1029487.jpg

一番驚いたのは、関西に住んでいた私には、「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」といった清流にすむ「水生ホタル」しか知らなかったのですが、最近発見された沖縄の「クメジマボタル」とあわせて「水生ホタル」は日本にはたったの三種類しかいない!!あとの44種類は、みんな「陸生ホタル」なんだ!!ということでした。どちらも幼虫時代は肉食で、水生は「カワニナ」を、陸生は「カタツムリやミミズ」を食べているそうです。さらに、どのホタルも卵、幼虫、サナギの時は光る!そうで、「おいしくないですよ!」「毒を持っていますよ!」「食べないで下さ~い!」とアピールしているそうなんですよ。
本当に、目からうろこ!のことばかりでした。

c0180460_10293941.jpg

そして、やっと暗くなっての観察会です。

c0180460_10302014.jpg

オキナワスジボタルが飛び交っていて、地面にはタテオビフサヒゲボタルの幼虫が幻想的に光っていました。茶色いのがタテオビフサヒゲボタルの幼虫です。右上が頭で、左下の尻尾の先端の二か所が青く光っているのがわかります。

c0180460_10304448.jpg

小川にエビやイモリ(井守)も発見し、こども達は、興奮して大はしゃぎ!でした。

みんなで夜の10時過ぎまで熱心に勉強をし、家路につきました。
by nami-5963 | 2009-06-08 00:20 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ボウリング

珍しく朝から雨が降り、やっと梅雨らしくなりました。

いつもの2時間投げ放題、1000円!のボウリングに出かけました。

奥さんが、「シューズが破れてきてるわ!新しいのを買って?!」と言ってきましたが、「あんたは、ダイビング器材でもなんでも俺より早く傷めるなぁ~!」と返事。これでは、ただの嫌みな夫になってしまうので、「200アップしたら買ったげるよ!」と励ましてゲームをスタートしました。

c0180460_1028270.jpg

すると、今日の奥さんは、とても安定し、ストライクも連発で、200アップを連続して二回も達成しました!  ボウリングを始めての初の快挙です!!
周りの「シャツおじさん」たちも「すごいですね!」と励ましに来てくれました。

c0180460_10292412.jpg

夫婦いっしょの200アップとはならず、残念でしたが、次の機会には、と思っています。

c0180460_1030288.jpg

「二回200アップしても一足しか買わんよ!」と言われながら、

c0180460_10304216.jpg

奥さんはどの靴にしようかと悩むことを楽しんでいるようです。
by nami-5963 | 2009-06-07 00:15 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

最近の街中のようす

街に出かけるといろんなものに出会い、新しい発見があります。

c0180460_963383.jpg

「今日のひとこと」のボードをのぞいてみると、「お金がすべてではない、でもあったらいいな!」とありました。あるに越したことはない!とうなずきつつ、サマージャンボ宝くじを買い忘れたことを思い出す・・・

花も咲き乱れて、さすが、常夏の沖縄!で~す。

c0180460_972025.jpg

イジュかな?と思って立ち止まって、そばに行くと違いました。オキナワキョウチクトウでした。樹液は乳白色で有毒だそうで、目につくと腫れることからミフクラギ(目膨木)の和名がついています。

c0180460_975567.jpg

海岸近くでよく見られ、成熟した果実は、繊維が多く海水に浮いて漂流するそうです。高さは7mくらいになり、木材は、下駄に用い、良質の木炭にもなるそうです。

c0180460_982248.jpg

海岸近くにソテツが茂っています。石灰岩地帯にも群生するそうで、真中に地味な黄色い花?を咲かせていました。沖縄では、果実や幹は食糧とし、生葉は肥料、枯葉は燃料として利用され、生活に密着した植物のようです。

c0180460_99347.jpg

オオバナソシンカは五つの花びらをランの花のように広げて咲き誇っていることからオーキッドツリーとも呼ばれています。葉も羊のひづめのような形をしていることから、ヨウテイボク(羊蹄木)とも呼ばれているようです。

c0180460_994197.jpg

真っすぐ伸びた木の先端近くに薄桃色の朝顔に似た花をたくさんつけているモモイロノウゼン。

c0180460_910639.jpg

目立ちにくい地味な感じですが、青空にはよく映えていました。

c0180460_9104938.jpg

オレンジ~赤色の実をたくさんつけ、とても目立っていました。そばに行ってみると大きな種と実の皮が散乱しています。

c0180460_9111929.jpg

名前が分からないので写真を撮って帰り、奥さんに見せるとレイシ(ライチ)じゃない?とのこと。楊貴妃も好んで口にしたという代物で、ちょっと前にも我が家でも食べていたのですが、街になっているものとは結びつきませんでした。根や種は胃痛や腹痛によく効くそうですよ。

本当に沖縄は、花盛り!眼も心も癒されま~す!
by nami-5963 | 2009-06-06 00:27 | 花・草木 | Comments(0)
前回ベランダのいろんな花の情報をお知らせしましたが、もう一つ大切なことを忘れていました。

冬の強風にさらされ、葉っぱがすべて飛び散ってしまった植物たちのその後で~す!

c0180460_24302.jpg

もう枯れてしまうか?と思いましたが、水をやり続けていると、春になって新芽を出し、ブーゲンビレアも葉っぱをしっかりつけて、一部をピンク色にして、白い小さな花も付けるまでになりました。

自然のたくましさと回復力に驚くとともに、自然と頭が下がる思いでした。

そんなベランダにイソヒヨドリのメスが遊びに来てくれました。

c0180460_261016.jpg

いつもはすぐに飛び立って行くのに、今日はとてもリラックスして過ごし、長時間観察することができました。

c0180460_264591.jpg

向きを変えてベランダの外を見ています。

c0180460_271946.jpg

リラックスしてうんこをひとつ!

c0180460_285290.jpg

あまり逃げないので、激写していると、シャッター音が気になってこちらを向いていました。

c0180460_294183.jpg

トイレに行って戻って来てもまだいますし、向きを変えてうんこが5個に増えていました!

c0180460_2185860.jpg

救急車の出動のサイレンにも聞き耳を立てていました。

c0180460_210871.jpg

大あくびをして、とてもリラックス!

c0180460_2104322.jpg

20分近くいて、上の方が気になったのか?自分で飛び上がって行きました。

驚いて逃げ出したのではないので、また、立ち寄ってくれそうな気がしています。

のんびり、ゆったりした気分になれたひと時でした。
by nami-5963 | 2009-06-05 00:12 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

遊びの天才!?

孫のゆみたんが遊びに来てくれました。一歳六カ月になり、だんだんとしっかりして来ています。

普段は「じっちゃん!」と言ってくれますが、怒った時などは、「じじい!」と呼び捨てられることもあり、これからが楽しみです。

いっしょにいると身の回りのもので上手に遊ぶのに感心してしまいます。

c0180460_0445795.jpg

ベランダの台に乗って道路を走る車を「ブウブウ!ブウブウ!」と指さして楽しんでいます。

c0180460_0453791.jpg

大人のスリッパに手を通して大はしゃぎしたり、

c0180460_0461898.jpg

園芸グッズで遊んでみたり、

c0180460_0465210.jpg

スリッパを二重履きして歩いたり、花を触ってみたりといたずら心を発揮してよく遊んでいます。

c0180460_0472712.jpg

外に出ても、駐車場のゴミで遊んだり、

c0180460_0475683.jpg

太鼓をたたいてみたり、

c0180460_048322.jpg

松ぼっくりや石ころを拾ってよく遊びます。

c0180460_050269.jpg

シャボン玉を初めてしてやると、「オオッ!オオッ!」と声を出して大喜びで追いかけますし、

c0180460_050395.jpg

風船バレーボールも意味がだんだんと分かってきたようで、楽しそうにしています。

c0180460_0511915.jpg

動物は相変わらず大好きで、ご近所のワンちゃんとは仲良しになり、

c0180460_0514361.jpg

恐がらずに触ることもできるようにもなりました。

c0180460_0522063.jpg

西海岸の古宇利島でジュゴンが見つかった!というテレビニュースを見ると、

c0180460_0525296.jpg

テレビににじり寄って見入っていました。

いっしょにいると楽しいことばかりで、とても幸せで~す!
by nami-5963 | 2009-06-04 00:42 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

最近のベランダのようす

金魚の産卵も盛んで、可愛い赤ちゃんがたくさん生まれています。

c0180460_2233416.jpg

それでも成長や生存率は1%ぐらいでしょうか?

c0180460_2241215.jpg

今年生まれたこども達も1~2cmに成長し、体色もオレンジに変わりつつあるのですが、まだら模様でみすぼらしい限りです。もう少し大きくなったら、大水槽に引っ越してやろうかと思っています。

c0180460_225254.jpg

我が家に新しい植物が入りました。恩納村の歴史講座に参加しての帰り、道の駅でハスを買って来ました。水入りのバケツごと売っていました。毎日きれいな花を楽しませてくれています。

c0180460_2395788.jpg

道端で拾って来た種をまいてみると、ギンネム(上)は10cmくらいに成長し、コガネノウゼン(下)は、葉っぱを4枚つけ、2cmくらいに成長しています。これからがどんなになるか楽しみです。

c0180460_243180.jpg

トックリキワタはいまだに芽を出してくれません。

c0180460_2272192.jpg

引っ越し祝いでもらったカランコエは大きく成長し、今年もきれいな花をつけ出しています。

c0180460_2291857.jpg

ハイビスカスも毎日1~3個の赤い花をつけ、南国情緒を演出してくれていて、ありがたい限りです。
by nami-5963 | 2009-06-03 02:47 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ボウリング

イジュの見学会の帰りに、道の駅「ゆいゆい国頭」でランタナ(七変化)の小さな寄せ植えを買ってきました。

c0180460_2256162.jpg

これで我が家のベランダもいっそう沖縄らしくなってきました。よく見ると根元にカタツムリが一匹、雨が降るのをじっと待っていました。

いつもの2時間投げ放題、1000円!のボウリングに出かけました。

今日も隣に下着姿の「シャツおじさん」がやって来て、フックボールでストライクを連発し、好調のようでした。

c0180460_22432588.jpg

私は、ターキーとパンチアウト(10フレーム目にターキーがでること)が出ましたが、200アップはなりませんでした。残念!

また、来週がんばろう!
by nami-5963 | 2009-06-02 18:56 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

イジュの花②

新聞によると「イジュの花は梅雨時の花で、イジュの花見が過ぎると本格的な沖縄の長い夏がやってくる」、そうです。

c0180460_18452476.jpg

ウグイスの鳴き声を聞きつつ見るイジュの花はとても心が癒されました。

歩いていると、ノグチゲラがイタジイの木の幹をくちばしでつつくドラミングの音も聞こえます。これは仲間との通信手段になっているそうで、「変な人間がたくさん来てるぞ、気をつけろ!」と言っているようでした。

c0180460_18455378.jpg

道路の同じ位置に飛び立っては戻ってくるシオカラトンボにも出会いました。このトンボは縄張り意識が強く、自分の縄張りを主張していましたが、大阪近辺でも見かけることがなくなって久しいので、とても懐かしかったで~す!

c0180460_18462712.jpg

ヤナギイチゴを教えてもらいました。ヤナギのような葉っぱを持ち、オレンジ色の小さな実をつけていました。このオレンジ色の小さな実を口に含むとプチプチ感があり、苦いようで甘い味がしました。

c0180460_199459.jpg

谷をのぞくと、水のある所に沿って大きなシダのモクセイシダ(方言ではヘゴ)がきれいに並んでいました。谷川が見えなくても水のあるところが手に取るようにわかるのも不思議ですね。

このあたりは比地(ひじ)と言いますが、比地の海神(うんじゃみ)にも案内してもらいました。

c0180460_18494525.jpg

ここは部落の発祥の地だそうで、神様が降りてくる家、

c0180460_185012100.jpg

ご先祖をお祭りし、お祈りをする拝所、

c0180460_18504746.jpg

天然記念物の樹齢500年にもなるアカギ、

c0180460_1851927.jpg

大切な生活用水だった井戸なども残っていて、歴史の勉強にもなりました。

c0180460_18514246.jpg

道の駅で「ぜんざい」を買い、車内で食べながら帰路につきました。沖縄の「ぜんざい」は大きな豆(小豆とは似ても似つかぬ大粒の豆!)と白玉の上に氷が乗り、一年中あるんですよ。大阪の冬の温かい小豆のぜんざいしか知らなかった私は、最初ビックリしましたが、慣れてしまうととてもおいしいんで~す!

沖縄に来たら一度は食べてみて下さい。
by nami-5963 | 2009-06-02 05:37 | 花・草木 | Comments(0)