人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

浦添の歴史散策

浦添市の老人福祉センターの主催で浦添市の歴史散歩の会がありました。
メンズキッチンのお友達が講師をされるということで、お誘いを受け、申込みに行きました。
参加申込書には、60歳以上の方!とあるので、50代ながら(あと二カ月だけ!)、60歳と記入して申し込みをしました。

c0180460_23283128.jpg

歴史散歩の当日は60代~80代の熱心な歴史ファン28名が集まり、マイクロバスで見学して回りました。
今回一番関心があったのは「安波茶橋(あはちゃばし)」の存在です。今まで興味があったので、地図などを見て探してきたのですが、わからないままになっていました。

c0180460_23212998.jpg

今回案内してもらって、ビックリ!以前に紹介した「経塚の碑」の急カーブの下の谷間にありました!
灯台下暗し!!だったようです。

c0180460_23224214.jpg

c0180460_1152913.jpg

ここは首里城から国頭方面へと続く「中頭方西海道」の一部で、1597年頃造られたそうです。

c0180460_23232044.jpg

復元された立派な石橋が二つかかっていました。

c0180460_23241517.jpg

立派な石畳も残っていて、「公事道(くじみち)」であったことがよく分かりました。

c0180460_23244971.jpg

そんな大切な場所だけに、過去二回も戦場になったそうです。
1609年の薩摩軍の侵攻と1945年の沖縄戦の激戦地だったそうです。
人はいつまで愚かな戦を繰り返すのでしょうか?ね。

c0180460_23252690.jpg

近くに、組踊(くみおどり)の創始者・玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)の立派な墓もありました。
玉城朝薫は1718年の34歳の時に中国からの冊封使(さっぽうし)の歓待のために踊り奉行に任じられ、「組踊(くみおどり)」というこれまでにない音楽・舞踊・台詞を総合的に取り入れた琉球国劇を生み出した偉大な人だそうです。

今日も、浦添の歴史とその偉大さを知ることができ、市民としての誇りを感じることができました。
by nami-5963 | 2009-07-16 00:16 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

ムーンライトコンサート

北中城村(きたなかぐすくそん)の大城公民館でムーンライトコンサートがありました。
出演者も企画運営も地域住民という、本当に手作りのコンサートで、今年で8回目になるそうです。

c0180460_16475779.jpg

コンサートは午後7時からスタートし、100人以上が集まり、大盛況でした。

c0180460_1648304.jpg

最初の演奏は、地域医療に携わるお医者さんのご夫婦のトランペットとピアノ演奏でした。なかなかいい雰囲気でしたよ!

c0180460_1649932.jpg

ギター演奏あり、三線とギター、サックスの演奏もあったり、

c0180460_16493397.jpg

16名のビッグバンドもあり、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

この北中城村は芸術と自然の美しさをアピールした村づくりに力を入れていて、今までに「ひまわり」でたくさんのいい写真を撮らせてもらって、お世話になりました。

c0180460_16502160.jpg

また、村のあちこちに県立芸術大学の学生が制作したオブジェがたくさん設置してあり、こどもたちの遊び場になったり、

c0180460_1651214.jpg

心を癒してくれる存在になっているようです。

近くに中城城跡、中村家住宅、湧水群もありますので、みなさんも一度訪ねてみて下さい。
by nami-5963 | 2009-07-15 00:17 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

孫守り

朝の味噌汁を作っているとTELの音、もしや?!と思っているとやっぱし、「ゆみたんが微熱がある!ので医者に連れて行ってほしい」とのゆみママからのTEL。

OK!で味噌汁のお豆腐を追加しました。

我が家にやって来て「朝ごはん食べようか?」と声をかけると、自分で椅子を取って来てテーブルに着くのは保育園で習慣になっているようです。食事が終わるとちゃんと椅子を片付けるのも偉いですよ。

c0180460_1125534.jpg

医者の予約時間まで、食器洗いを手伝ったり、

c0180460_11265576.jpg

掃除の手伝いをしたり、

c0180460_11272765.jpg

トイレットペーパーの芯で遊んだりして過ごしていました。

c0180460_11275713.jpg

病院でもスリッパ遊びに熱心でした。

診察は耳垢採りと鼻の掃除が痛くて、嫌で大泣きでした。

c0180460_1129872.jpg

気分転換にペットショップに寄ってみました。

c0180460_11284354.jpg

たくさんのワンちゃんを指差し、見て回って、

c0180460_11292939.jpg

嬉しくって興奮していました。

やっぱり、風邪気味なためご機嫌があまり良くありません。
「対等の遊び相手」の私に弱みを見せたくないので、声をかけると「ウウ~ッ!」とよく怒っていました。

それでも孫と過ごせる幸せな一日でした。
by nami-5963 | 2009-07-14 00:11 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

金魚すくい&海水浴

ゆみたんママの掃除・洗濯などの家事がはかどったようで、二人で遊びに来てくれました。大歓迎!!

c0180460_1465373.jpg

今日も「金魚すくいをしよう!」と誘うと、やる気満々でベランダに出てきました。が、左手にゼリーを握っているので、「これは邪魔になるからおいとこか?」と手から取ろうとすると「ウウ~ッ!」と怒られました。「ごめん!ごめん!!」と言いながら、金魚すくいをスタート!

c0180460_1475060.jpg

この金魚は、5年前から飼い始め、エサをやる時に水面をかき混ぜると、口をパクパクさせて集まってきます。そうしたら、エサをやるようにしてきました。パプロフのなんとかというやつです。一番大きな21cmのお母さん金魚が良く慣れてきたので、手ですくってやると手のひらでバシャバシャするものの、逃げるわけでもないので、金魚すくいを楽しんできました。網ですくうより、素手で優しいエコだ!なんて言いながら・・・

c0180460_1484335.jpg

ゆみたんもこの金魚すくいがお気に入りで、

c0180460_1515319.jpg

金魚に触ったり、怖がったり、水しぶきを嫌がったりしながらも、びしょびしょになって楽しんでいました。

c0180460_1535618.jpg

新しい水着を買って貰ったというので、みんなでカーミージーのプライベートビーチに出かけました。今日は南風が強く、波が高かったのですが、三家族10人ほどが遊んでいました。こんなに人が多いのは初めて!

c0180460_155063.jpg

海は二度目のゆみたんは、最初やっぱり怖がるかな?と思っていましたが、親子三代のパワーに支えられて、自分からどんどん深い方に入って行きます。

c0180460_1553795.jpg

あっという間に、肩までの水深に入っていって、怖がらず余裕の表情も見せていました。

c0180460_231743.jpg

すごい進歩にビックリ!!でした。

c0180460_156416.jpg

だんだん手を放しても大丈夫になり、しょっぱい海水の味を楽しむこともできました。

c0180460_1563844.jpg

休憩時には砂遊びや天然記念物のオカヤドカリ集めも楽しみました。

c0180460_223798.jpg

周りの大人は疲れたものの、ゆみたんは:元気によく遊び楽しんで、ぐっすり昼寝!!

楽しく、幸せな一日でした!
by nami-5963 | 2009-07-13 00:12 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

予防接種大歓迎!

孫のゆみたんが「おたふくかぜ」の予防接種を受けるため、保育園を休んで、一日我が家で過ごすことになりました。大歓迎で~す!

朝早くに迎え、私の作った具だくさんのお味噌汁で朝ごはんを食べ、予防接種の予約時間までベランダで遊びました。新しい花を見たり、触れてみたり・・・

c0180460_063468.jpg

一番大きなお母さん金魚(21cm!)が「手乗り金魚」になってきたのでゆみたんにも触らせてやると、「オオ~!オオ~!!」と声をだして大喜びしていました(写真がなくて残念!)。「この金魚はゆみたんちにいる5匹の金魚のお母さんなんだよ!」と説明すると「うん、うん!」とわかったようにうなづいていました。

予防接種を受けたクリニックでも大中小のスリッパを出して、自分なりに履きパタパタ歩いて遊んでいました。本当に何でも楽しく遊びにしてしまう能力には感心してしまいます!

筋肉注射の針を見つめたまま、我慢して泣かなかったのにもビックリ!

c0180460_041612.jpg

思ったより早く済んだので、ご褒美がてらチョウチヨウを見に連れて行ってやりました。

c0180460_021526.jpg

今日はさなぎから孵化したてのオオゴマダラが3匹もいて、まだ飛べなくてじっとしていたので、よく観察できました。

c0180460_05599.jpg

c0180460_051488.jpg

ふわふわと飛んでいるのを3匹見つけて、「じっちゃん、じっちゃん!」とチョウチヨウのいる方を指さして教えてくれるんですよ。

c0180460_027487.jpg

そのあとは高額のサンゴも見て、ランチバイキングを楽しみました。

3歳未満のこどもは、なんと無料!なんですよ。

c0180460_011163.jpg

ゆみたんもかわいいお皿に食べられそうなものを盛ってもらい完食しました。
ウインナーがお気に入りだったようで、2本追加したくらいでした。

帰りの車で、疲れて寝込んでしまいましたが、一日楽しく過ごせました。
by nami-5963 | 2009-07-12 00:08 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

土星と夏の星座観察会

南城市の県立玉城少年自然の家で、土星と夏の星座観察会がありました。

c0180460_7342229.jpg

50人ほどの家族連れ、親子連れが集まり、とても盛り上がりました。

c0180460_7345318.jpg

最初に講師の方から、今土星がどのように見えるか、の説明がありました。およそ30年で太陽の周りを回るため地球からの見え方が変化するそうです。

c0180460_7352126.jpg

今年は一番輪が小さく、縦位置に見えるそうで、屋上の反射望遠鏡で自分の目で見て、みんな納得していました。

c0180460_7355750.jpg

つぎに、夏の星座たちの説明がありました。

北の空にくっきりとひしゃくの形に見える北斗七星と北極星。これはみなさんよく見慣れているようでした。

c0180460_7362835.jpg

南の空に見えるさそり座はとても大きく、くっきりと見られました。サソリの心臓に当たるアンタレスが赤く輝いてひときわ目を引きました。

c0180460_737986.jpg

真上の空に天の川が見られます。その両岸にこと座の織姫星(ベガ)とわし座の牽牛星(アルタイル)が輝き、七夕伝説のスライドも見せて頂きました。

c0180460_7415395.jpg

そして、北十字と言われる白鳥座のデネブ(尻尾という意味だそうですよ!)とを結んでできる夏の大三角形は雄大で見ごたえがありました。

c0180460_738049.jpg

さらに、この7月22日の皆既日食の説明と注意点を聞き、

c0180460_7382346.jpg

昇り始めた黄色っぽい月のクレーターも見せて頂きました(望遠鏡を接写したんですが・・・)。

10時過ぎまでみんな熱心に土星と夏の星座を観察し、家路につきました。
by nami-5963 | 2009-07-11 06:05 | 宇宙・天体 | Comments(0)

オオゴマダラ

沖縄に来て初の免許更新に出かけました。

無事更新がすみ、近くのホテルにオオゴマダラを飼育しているところがあると聞いていたので、探しました。最初に「パシフィックホテルオキナワ」に飛びこんだのですが、「知らない!」とのことでした。

c0180460_1182511.jpg

でも、親切にフロントに問い合わせて下さり、それは「ロワジールホテル」だ!ということが分かり、地図まで持たせて下さいました。本当に、沖縄の人って、とても親切なんですよ。

「ロワジールホテル」に着いてフロントに尋ねると、「オオゴマダラ蝶々園」まで案内して下さいました。
みなさん、本当に親切で、沖縄の心に触れた思いでした。

c0180460_122398.jpg

オオゴマダラは日本最大のチョウチョウで、羽を広げると幅が15cmになります。寿命も長く、半年近くは生き、成虫で冬を越し、自然の状態で生活しているのはここ沖縄だけだそうです。

c0180460_122366.jpg

あまりはばたかず、ゆったりとグライダーのように飛ぶためよく目立ちます。この蝶々園には二匹のオオゴマダラが優雅に飛び交っていました。よく見ると地面にはたくさんの死骸が横たわっていました。

c0180460_1232786.jpg

さらに、オオゴマダラの飛び交う木々をよく見ると、金色に輝く、蛹を発見!

これは、毒を持つといわれるホウライカガミを食草にしているため、オオゴマダラもその毒を身に付けるようになり、光り輝くことで「食べると毒がありますよ!怖いですよ!」とアピールしているそうです。

c0180460_1241724.jpg

目が慣れて来ると周りにいっぱい蛹がぶら下がっているのを見つけ、興奮してしまいました。

しばらく楽しませてもらって蝶々園を出ると、そこは、お土産コーナーでした。

c0180460_1274366.jpg

サンゴの置物をのぞくとなんと、千数百万円の値札がついていてビックリ!

c0180460_1284566.jpg

さらに、店の入り口にはなんとなんと、一億円以上の値札のついた巨大サンゴが展示してありました。

チョウチョで興奮し、サンゴで興奮し、お腹がすいてきたところに、「ランチバイキング・1800円!」のポスターを見つけ、思わず飛びこんでしまいました。

c0180460_1292121.jpg

あまり食べられないのでちょっとずつ取って食べるとおいしいこと!おいしいこと!!マンゴウジュースでお腹いっぱいになってしまいました。

とても有意義で、ハッピーな免許更新の一日でした。
by nami-5963 | 2009-07-10 00:12 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

男の料理「鰹をさばく」

ぎのわんセミナーハウスの釣り師が教える男の料理「鰹をさばく」に参加しました。

講師は釣り人の牧師さん!参加者は三人の男性で、会場が教会というユニークなものでした。

c0180460_14262442.jpg

まずは、包丁研ぎから始まりました。濡らしておいた砥石に包丁の表側を5℃くらいの角度をつけて20回押して研ぐのがミソで、TVの「仕事人」の「道具」を研ぐのと同じでした。

c0180460_1433063.jpg

包丁が研げたら、たたき用は胸鰭のそばの固いうろこだけを取り除いておきます。

c0180460_14292332.jpg

胸鰭のあたりから包丁を入れて頭を落とします。えらを取り除くと頭を二つに割って味噌汁の具にします。

c0180460_14425120.jpg

ここで刺身用は皮をはいでおきます。

c0180460_14343560.jpg

心臓や卵などの内臓はあらだきにします。

c0180460_14355399.jpg

背びれと尻びれを取り除くため、ひれを挟んで両側に包丁を入れると、

c0180460_14364977.jpg

ズボッ!と簡単に取れます。ぶつ切りにし、これも味噌汁やあらだきの具に。

c0180460_14384525.jpg

いよいよ、三枚に下ろすのですが、カツオやマグロの手にぶら下げられるサイズの魚は、骨が軟らかいのでぶら下げたままさばくのがいい!というのを初めて知りました。

c0180460_14463842.jpg

三枚に下ろせたところで片身の真ん中の血あいと中骨を取り除くと、

c0180460_1447289.jpg

短冊のブロックになり、やっとスーパーにならんでいる状態になりました。

c0180460_1448761.jpg

たたき用はフライパンにごま油を敷き、表面にしっかり火を通し、氷水で冷やします。

c0180460_14485017.jpg

刺身・たたきとも魚の繊維と交差するように切り身にして行くことがミソだそうです。

c0180460_1459114.jpg

ねぎ、にんにく、しょうがで薬味を作り、わさび醤油と酢味噌も用意しました。

c0180460_1450853.jpg

最後に参加者とセミナーのスタッフとで豪華な昼食会となりました。

刺身・たたき・あらだき・味噌汁と、ボリュウム満点でとてもおいしかったです。

ごちそうさま!ご苦労さまでした!!
by nami-5963 | 2009-07-09 00:24 | 料理・食文化 | Comments(0)

経塚(きょうづか)?

家の近くにサンエー(沖縄の大手のスーパーマーケット)の経塚店がオープンし、店も品数も多ので、買い物によく出かけるようになりました。

c0180460_1251624.jpg

行く途中に市内でも珍しい急カーブの場所があります。

何回か通っていて、この急カーブがどうも不自然に思えてきました。
何かを避け、迂回しているような感じなので、一度何があるのか?のぞいてみました。

c0180460_1263580.jpg

大きな急カーブのところが公園になっていました。そこに、「経塚」の石碑や説明板もあり、読んでみて納得しました。

今から470年ほど前の16世紀の中ごろは、このあたりは松に覆われた人里離れた寂しいところだったようです。そこに妖怪が住み着き、人々をたぶらかして困らせていたそうです。

c0180460_127320.jpg

そこに高野山で修業をした日秀上人が通りかかり、金剛経を書き込んだ小石をここに埋め、「金剛嶺」の石碑を建てて妖怪を退治したそうです。
それ以後は、地震や雷の時も「チョーチカ、チョーチカ!」と唱えると治まったことから、信心が広まった、そうです。

c0180460_1275156.jpg

そんな歴史的な場所を避けての急カーブだったんですね。

自分の住む浦添の街の認識がより一層深まり、嬉しくなるとともに愛着を覚えました。
by nami-5963 | 2009-07-08 00:19 | 歴史・史跡・世界遺産 | Comments(0)

ボウリング

朝6時過ぎにベランダの植木に水をやりだすと、ゴキブリが飛んで出てきてびっくり!

c0180460_137640.jpg

思わず踏んづけていました。ごめん!

今日も、いつもの2時間投げ放題、1000円!のボウリングに出かけようとすると、

c0180460_1195479.jpg

玄関に大きなナナフシがいました。

こんなのを見かけることができるなんて、まだまだ自然が豊かな沖縄なんだ!と嬉しくなりました。

c0180460_1223363.jpg

ボウリングの方は、ストライクを5回連続しましたが、詰めの甘さが出てしまい200アップもならず、

残念でした。

c0180460_1241871.jpg

ボウリングから戻って来ると、駐車場にカマキリがいました。よく見ると車にひかれてしまったようでした。

合掌!
by nami-5963 | 2009-07-07 00:11 | 沖縄の不思議 | Comments(0)