人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2011年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

浦添干潟

家のそばにある浦添干潟に出かけると、

c0180460_02721.jpg

たくさんの人がそれぞれの目当ての物を求めて海に繰り出していました。

c0180460_012599.jpg

最初に出会ったおじいさんは、モーイ豆腐の原料になる海藻のモーイをたくさん採っていました。

c0180460_023067.jpg

海藻のモーイは「ここでしか採れなくなったから、親戚に送ってやるさぁ~!」とのことでした。

c0180460_02598.jpg

もう一人のおじさんは、リーフに潜ってたくさんのタコをゲットして、そのいくつかを見せてくれました。

c0180460_031832.jpg

他にも、マギー(方言でBIGのこと)なアナゴ、

c0180460_034421.jpg

たくさんの貝、

c0180460_04484.jpg

猛毒を持ったオニダルマオコゼ(これがまた、おいしくて高級魚!)までゲットしていました。

大漁!で万々歳!!のようでした。

c0180460_045196.jpg

私は、我が家の食卓用にモズク狙いで干潟を散策しました。

c0180460_05679.jpg

ゴカイの仲間の砂のウンコ!

c0180460_053111.jpg

マギーなナマコ、

c0180460_054979.jpg

コブラの100倍の強毒を持つというウミヘビにまで出会えました。

c0180460_061566.jpg

そうしてやっとモズクの生えているところに到着。

c0180460_064368.jpg

ザルにつまんでゴミをきれいに取り除き、

c0180460_07687.jpg

籠に入れていくとザルに一杯分採ることができました。

c0180460_07323.jpg

さっそく、晩ごはん分ゆでると、さっ!と緑色に変わるのがいつも不思議でなりません!

c0180460_074661.jpg

今日も海の恵みでおいしい食事ができました。

自然の恵みに感謝!
by nami-5963 | 2011-04-10 23:07 | 磯遊び | Comments(0)

ベランダの動物たち

花が咲き、新芽がたくさん出だすといろんな虫たちが集まってきます。

c0180460_1856191.jpg

ドラゴンフルーツ(サンカクサボテン)の枝を束ねていると、全く同じ色のカメムシの仲間が潜んでいました。

c0180460_1857735.jpg

そばにテントウムシも羽を休めています。

c0180460_18573099.jpg

サガリバナの葉にも、

c0180460_18574734.jpg

ゴムの木の葉にも名前の知らない虫が止まっていました。

c0180460_18583270.jpg

オオゴマダラの食草のホウライカガミの花芽を観察しているとたくさんのアブラムシを発見!

c0180460_18585973.jpg

歯ブラシでそぎ落としたり、薬を使って駆除しますが、また、たくさんくっついています。

c0180460_18593393.jpg

何度も繰り返していて判ったことなんですが、歯ブラシや薬を使うと花芽を痛めてしまうので、今は柔らかい刷毛(左)でそっと丁寧に拭い落しています。

c0180460_18595336.jpg

トウワタの新芽にも黄色いアブラムシ?が群れていました。

最近は、毎朝の水やりとともにアブラムシ退治が日課になってきています。

c0180460_1901712.jpg

雑草のクローバーをたくさん引いていたら、それをつつきにハトがやってきました。

c0180460_1903931.jpg

以前から、つがいで我が家のベランダを産卵場所にしようとしているから、ベランダのことはよく知っているようです。

c0180460_191223.jpg

目と目が合うとヤバ!という感じで飛び去って行きました。

c0180460_1913275.jpg

ベランダを片づけているとヤモリが這い出してきましたが、ちょっと寒かったので、じっとしています。

c0180460_1915623.jpg

ゆみたんに見せてやるとしばらく観察して、「げんきでね!」と声をかけていました。

千客万来のベランダです。
by nami-5963 | 2011-04-09 19:01 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

春の花②

ゆみたんと散歩中に見つけた赤い花で、理科の実験で使う試験管を洗うブラシのような花を図鑑で調べてみると、

c0180460_15354416.jpg

なんとマキバブラシノキでした。

c0180460_1692068.jpg

やはり、ビンなどを洗うブラシに似ていることからついた名前だそうで、オーストラリア原産の6mほどになる中木だそうです。

c0180460_1694957.jpg

遠目にはたくさんの柿がなっているように見えるキワタノキが、肉厚なオレンジ色の花をぼたぼたと道路に落としていました。

c0180460_16101664.jpg

花を落とした後に新緑を迎えるというインド、マレーシア、オーストラリア原産の10mほどになる高木だそうです。

c0180460_16104351.jpg

春の明るい光に輝くようなブーゲンビレアを見ると、南国沖縄!を強く感じます。

c0180460_16113764.jpg

最近、サンカクサボテンという名前を知ったドラゴンフルーツですが、

c0180460_16122616.jpg

たくさんの新芽をすごい勢いで伸ばし続けています。

c0180460_1626294.jpg

サガリバナも新しい葉をたくさん伸ばし出しているようです。

c0180460_16271747.jpg

普天間宮でもらってきた神木(なぎの木)も新しい芽をどんどん伸ばしています。

c0180460_1628137.jpg

トックリキワタの木がたくさんの実をぶら下げ、種の木綿をまき散らす準備も進めているようです。

c0180460_16282533.jpg

春の風物詩となってきたランドセル売り場にも、たくさんのカラフルなランドセルがきれいに咲き誇っていました。
by nami-5963 | 2011-04-08 16:28 | 花・草木 | Comments(0)

泡瀬干潟

待ちに待った春の大潮で、半年ぶりの泡瀬干潟に出かけました。昨日は、はまうり(浜下り)でした。

c0180460_0304299.jpg

目の前に、広大なきれいな砂浜が広がっています。

c0180460_031468.jpg

その砂浜にミナミコメツキガニの食事の後の砂粒の山がたくさん見られます。

砂の中の栄養分を取り除き、砂をきれいにするとともに、潮が満ちて来た時に海水への酸素の供給という大切な役割を果たしてくれています。

c0180460_0315450.jpg

1~2cmの水たまりで春休み中の女子高生たちが、小さな魚を手ですくって歓声をあげていました。
干潟は、小魚たちの保育園でもあるのです。

だんだんあたたかくなり、海藻類も来年に備えて胞子を残した後、

c0180460_0323130.jpg

ドロドロになって溶けだしていました。

c0180460_0324771.jpg

そんな中でも、今年はよく冷え込んだせいか、世界でもここ沖縄でしか見られないという珍しい藻類のクビレミドロがまだ見られました。

c0180460_033184.jpg

マリモのようなきれいなクビレミドロも、タマガイ類の卵塊の「砂茶碗」(右)といっしょに見られました。

c0180460_0342471.jpg

この「砂茶碗」は貝の卵を砂といっしょに粘液で固めた芸術作品です。

c0180460_0344082.jpg

干潟を歩いていると、ホソスジヒバリ(左)などの二枚貝、

c0180460_0345845.jpg

ザルそっくりなリュウキュウザルガイ(左)と沖縄の赤瓦屋根そっくりなカワラガイ、

c0180460_0351632.jpg

定住性のハボウキガイの赤ちゃんと

c0180460_0354884.jpg

ハボウキガイの大人もいました。

c0180460_03676.jpg

タカラガイの仲間や、

c0180460_0363485.jpg

巻貝のカゲロウヨフガイなどにも出会い、楽しく過ごせました。

泡瀬干潟は大阪などでは見られなくなってしまった豊かな海の姿をまだ残している貴重な存在で~す!
by nami-5963 | 2011-04-07 22:27 | 磯遊び | Comments(0)

サクララン

ゆみたんとの旅行中雨があまり降らなかったようで、やっぱり植木類が傷んでいました。

たっぷり水をやってからチェックして行くと、

c0180460_674577.jpg

花盛りのブーゲンビレアもありましたが、いくつかの鉢の花がたくさん落ちていました。

c0180460_0471257.jpg

この際なので、丁寧に剪定し、次の開花の準備をしておきました。

c0180460_0473372.jpg

水不足に弱いトウワタの花芽が枯れていたのを摘み取っていると、ひっそりと咲いている大きなサクラランの花を見つけ感激し、嬉しくなりました。

このサクラランは去年の9月に葉っぱとつるを何本かもらって来て、挿し木にしていたものです。

c0180460_0475695.jpg

8ヶ月経ってもまだ葉っぱだけで何の変化もなく、成長の遅いものもありますが、

あるものはつるをどんどん伸ばし、2mくらいになったものもありました。

c0180460_0485449.jpg

2月ぐらいから花芽の赤ちゃんができ出して、

c0180460_0494394.jpg

少しずつ大きくなってきているのを楽しんできました。

c0180460_050958.jpg

旅行前にはずいぶん大きくなってきて、

c0180460_0503278.jpg

とても楽しみにしていました。

c0180460_0505634.jpg

それが旅行中に一気に開花していたことは感激でした。

沖縄に来て最初にこの花を見た時、ろう細工の造花だ!と思ったのを懐かしく思い出しました。

c0180460_0513778.jpg

サクラランは中国・オーストラリア原産のつる性植物で、花は先の丸い星形できれいな半球状に集まり、その重さから下向きに咲きます。

方言では琉球王朝時代の男子用のカミサシ(かんざし)に似ていることからカミサシバナと呼ばれているそうです。

花の色も白だけでなくピンクのものもあるそうです。

c0180460_0521390.jpg

花のそばには、また、小さなつぼみができているので、これからも楽しみで~す!
by nami-5963 | 2011-04-06 00:23 | 花・草木 | Comments(5)

ゆみたんの初旅行④

沖縄に帰る前に奈良に泊まり、シカと大仏を見に出かけました。

c0180460_0314136.jpg

宿を出ると猿沢の池にたくさんのカメとコイがいてビックリ!

c0180460_0321217.jpg

「シカを見つけよう!」と言っていると、すぐにたくさんのシカに遭遇することができました。

c0180460_032441.jpg

シカがたくさんいるのにもびっくりしましたが、「鹿の飛び出し注意!」の看板が10mおきぐらいにたくさんあるのも納得できました。

c0180460_033305.jpg

ゆみたんはシカをそばで眺めたり、

c0180460_0335746.jpg

覗き込んだり、

c0180460_0343842.jpg

触ったりし、思っていたほど怖がりませんでした。

c0180460_0352451.jpg

ずいぶん慣れてきたので、鹿煎餅を買ってやることにしました。

c0180460_0362149.jpg

シカはすぐに手から取って食べたり、

c0180460_037422.jpg

ポケットに入れていてもよく知っていてポケットをかじってきたり、

c0180460_0372975.jpg

「煎餅をちょうだ~い!」と追いかけてられて大変でした。

c0180460_0375333.jpg

何度もチャレンジして、大好きな小さいかわいいシカにエサをやることができ、とても楽しい経験となったようでした。

c0180460_038514.jpg

また、「奈良一番桜」というきれいな枝垂れ桜が満開でした。

c0180460_0411870.jpg

初めて見る桜に「きれ~い!」と感動するゆみたん!

c0180460_041455.jpg

大きな大仏殿の建物の中に大仏さんがいることを話していましたが、

c0180460_042879.jpg

大仏さんがゆみたんの思っていたより大きすぎて「怖かった!」そうでした。

c0180460_0423518.jpg

土産物屋に寄って、かわいい子鹿のストラップを買っていましたが、それをじいじとおばあにもプレゼントしてくれました。ありがとう!

最後に大阪の海遊館に寄ってみました。

c0180460_0434815.jpg

マンタ、ペンギン、

c0180460_0441048.jpg

タカアシガニなどに感動して見入っていました。

c0180460_0443753.jpg

いろいろ楽しい経験をした5泊6日の9県にまたがる長旅でしたが、元気に過ごせたことがなによりでした。

c0180460_045417.jpg

お疲れ様でした。
by nami-5963 | 2011-04-05 00:17 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ゆみたんの初旅行③

新潟のおじいちゃんおばあちゃんがいろんなところに連れて行ってくれました。

c0180460_013371.jpg

ミュージアムの玄関には機関車があって、「トーマスだ!」と言って大喜びしたり、

c0180460_014327.jpg

石飛をパパといっしょに楽しんだり、

c0180460_015554.jpg

大きなアンモナイトの化石が巻貝状になっているのを見て、「大きなカタツムリだ!」と言っていました。

c0180460_0152673.jpg

遊具も楽しむことができ、ご機嫌でした。

c0180460_0154843.jpg

カニ屋横丁に行って、カニのおやつを食べました。

c0180460_0163498.jpg

こんなたくさんのカニを太い足だけ食べるという豪快で贅沢なおやつは初めてで、

c0180460_01719.jpg

みんな静かに黙々と食べ、大満足!

c0180460_0173030.jpg

食後、穏やかな海辺の公園を散歩していると、

c0180460_0174864.jpg

きれいな海で海藻を取っている人がいたり、

c0180460_018972.jpg

パパが卒業した水産高校の実習船なども展示してありました。

c0180460_0184270.jpg

パパが海水浴をしたという海岸を案内してもらい、

c0180460_019928.jpg

おじいちゃん家で手作りの郷土料理を頂き、犬のクロちゃんもいて、大喜びのゆみたんでした。

c0180460_0193170.jpg

名物の笹寿司が、おいしくて珍しかったです。

c0180460_020389.jpg

夜は、久しぶりの7人の大宴会を楽しみ、大好きなマグロの刺身をいっぱい食べて大満足のゆみたんでした。

c0180460_020218.jpg

かわいい動物柄の浴衣を着て、雪景色の露天風呂も初体験しました。
by nami-5963 | 2011-04-04 00:04 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ゆみたんの初旅行②

兵庫から新潟への移動中は、「トトロ」や「散歩」の歌をうたったり、高速道路の動物の注意看板をたくさん見つけて盛り上がりました。

c0180460_153628.jpg

ゆみたんはイノシシと

c0180460_1321748.jpg

シカがお気に入りのようで、見つけると大喜びでした。

c0180460_153338.jpg

「じいちゃんは、バンザイタヌキが好き!」と言うと大笑い!

c0180460_13459.jpg

ママが、「横這いタヌキもいるよ!」と紹介してくれたり、

c0180460_1352485.jpg

クマやサルに注意!もあってビックリ!

c0180460_137614.jpg

東北・関東大震災復興支援の兵庫県警の10数台のパトカー隊や

c0180460_1375410.jpg

自衛隊とも出会いました。

ご苦労様!と言いつつ、一日も早い復旧・復興を祈りました。

c0180460_1382414.jpg

また、長い時間高速道路を走るのは初めてでしたし、沖縄ではトンネルがあまりないので、最初はトンネルに入ると喜んでいましたが、その多さと長さに「ま~た、トンネルだ!」とあきれたようでした。

c0180460_22243.jpg

さらに、北アルプスの山に雪が積もっていることを初めて見たゆみたんは大感激!

c0180460_1405166.jpg

休憩時に、積もった雪に初めて触れ、その冷たさにびっくりしたようでした。

c0180460_1431295.jpg

夜はパパとも合流でき、「山の白いのは雪だよ!」とさっそく学習したことを紹介していました。
by nami-5963 | 2011-04-03 00:27 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ゆみたんの初旅行①

しばらくの間、ゆみたんといっしょに初めての旅行に出かけ、ブログを休ませてもらいました。

c0180460_12534031.jpg

今回の旅行は、兵庫でゆみたんママのおじいちゃん・おばあちゃんの法事に参加し、ゆみたんの新潟のおじいちゃん・おばあちゃんに会いに行くことが目的でした。

c0180460_12542100.jpg

飛行機に乗るのが初めてなので、耳抜きがうまくいくかどうか心配しましたが、とてもスムーズだったようで、

c0180460_12542034.jpg

機内でも余裕で、絵本や人形遊びをしていました。

c0180460_12543836.jpg

関空への着陸の時が「怖かった!」そうでしたが、周りのおばさんたちの「ギャ~!ギャ~~!!」の大声には笑う余裕もみせていました。

兵庫はとても寒くて、雪が降るのも初めて体験できました。

c0180460_1363917.jpg

法事にはとても落ち着いて参加できていたのには感心しました。

c0180460_12555314.jpg

お気に入りのウサギのお人形といっしょにお経をあげたり、

c0180460_12563052.jpg

数珠を持って上手に拝んでいました。

c0180460_12565033.jpg

梅が咲き誇る中、

c0180460_125795.jpg

お墓参りをしながらもしっかりとカタツムリを見つけて楽しんでいました。

c0180460_12574624.jpg

6カ月違いの姪っ子とも仲良くなれて、

c0180460_1722751.jpg

座布団遊び、

c0180460_12593966.jpg

駆けっこ、

c0180460_130166.jpg

机からのダイビングとよく遊び、

c0180460_1303310.jpg

交流ができ、仲良くなって握手まで交わしていました。

c0180460_12581749.jpg

元気に仲良く遊ぶひ孫の姿がみせられて、ひおじいちゃん・ひおばあちゃんへのいい供養になったように思いました。
by nami-5963 | 2011-04-02 13:01 | 沖縄の不思議 | Comments(0)