人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2011年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

浦添市のカーミージー(亀瀬)はカメが伏せたような地形で有名な隠れ釣り場だそうです。

c0180460_1361466.jpg

そのカーミージーで港川小学校の4年生が干潟観察の総合学習をするというので、お手伝いに出かけました。

c0180460_1365163.jpg

児童・生徒、先生、保護者、自治会の役員さん、マスコミの取材など200人を超える大集団でした。

c0180460_137690.jpg

事前学習も十分にし、当日は観察カードを持って、

c0180460_1373022.jpg

干潟にくり出しました。

c0180460_138680.jpg

こども達の好奇心旺盛な行動力・観察力で本当にたくさんの生物に出会うことができました。

c0180460_138509.jpg

クモヒトデ、

c0180460_139458.jpg

ニセクロナマコ、

c0180460_1393195.jpg

フグ、

c0180460_1395395.jpg

オオイカリナマコ、

c0180460_1401511.jpg

イソアワモチの赤ちゃん、

c0180460_1403759.jpg

ムラサメモンガラ、

c0180460_140562.jpg

海藻の仲間、

c0180460_141119.jpg

タコ、

c0180460_141496.jpg

トラギス、

c0180460_1433961.jpg

クモガイ、

c0180460_1431090.jpg

ケブカガニとオオイカリナマコ、

c0180460_149533.jpg

ウツボや

c0180460_1441683.jpg

ちいさな黒いカエルアンコウまでいました。

c0180460_1443815.jpg

こども達の感想発表で一番多かったのが、ナマコに直接触れたこと、

c0180460_1453136.jpg

ハゼとエビの共生している穴でエビ釣りをしたこと!があがっていました。

これだけたくさんの生物に出会い、楽しい干潟観察会を経験したこども達は、自然を大好きになってくれることと確信しました。
by nami-5963 | 2011-06-16 22:33 | 磯遊び | Comments(0)

久米島の自然巡り②

昼食後は、奥武島の畳石を見に行きました。

c0180460_834169.jpg

その模様が亀の甲羅に似ていることから亀甲石とも呼ばれているそうで、観光パンフなどで何度も見てきましたが、実物を見て自然の造形美に感動しました。

c0180460_841988.jpg

安山岩の溶岩が冷える時にできた割れ目(柱状節理)の作る五角形や六角形の模様を、真上から見たことになります。

c0180460_845877.jpg

今まで見てきた柱状節理の大きさと比べても、その大きさがとてもでかいことに驚かされました。

c0180460_855628.jpg

すぐそばに、ウミガメ館があり見学してみると、

c0180460_853192.jpg

世界には8種類のカメがいることがわかり、

c0180460_87972.jpg

久米島で採れる貝の標本をたくさん見せてもらいました。

c0180460_873571.jpg

山城の礫層・砂鉄層を見学すると、地層のそばに磁鉄鉱がたくさん集まっていて、磁石に黒い粒がいっぱいついてきました。

c0180460_88060.jpg

この地層の周りには、不思議とノボタンがたくさん見られ、ヤンバルと似ている感じでした。

c0180460_885353.jpg

琉球王府時代の地方行政機関である真謝(まじゃ)集落の蔵元跡に残る石垣が、仲里間切蔵元跡石牆(なかざとまぎりくらもとあとせきしょう)です。

c0180460_891913.jpg

1763年に築かれた琉球石灰岩の相方積みと布積みでできた美しいアーチ型の通用門が残っていて、首里城と同じ隅頭が付いていて、国の重要文化財に指定されているそうです。

c0180460_895438.jpg

敷地内に育つフクギの大きさ・太さにはビックリしましたし、

c0180460_8103030.jpg

そのフクギの花の散った花絨毯の美しさにも感動しました。

c0180460_8111295.jpg

比屋定にある御太陽石(ウティダ石)は、堂之比屋(どうのひや)という人物が日の出の位置の変化を観測し、時間や季節を割り出し、農作業や航海の時期などを村人に教えていたと伝えられています。

c0180460_8113477.jpg

安山岩の卵型の巨石で、石の部分によっては大きな磁力を持っていてビックリしました。

c0180460_8123084.jpg

比屋定の200mの断崖絶壁の高台にあるのが、比屋定バンタです。

c0180460_8131871.jpg

この展望台からは、久米島の東に伸びる白くてきれいな堡礁・ハテノハマが遠望できました。

c0180460_8133619.jpg

天気が良ければ、ケラマ諸島、渡名喜島、粟国島、鳥島、沖縄島までが見えるそうです。

c0180460_814542.jpg

いろんなところを見学し、おいしい夕食を頂いた後の帰り道では、ホタルの乱舞するようすも見られてとても幻想的でした。
by nami-5963 | 2011-06-15 21:58 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

久米島の自然巡り①

ぎのわんセミナーハウスからの「金がとれる島・久米島を歩こう」に参加していましたので、しばらくブログを休ませてもらいました。

その久米島の豊かな自然をレポートしてみたいと思います。

c0180460_16274353.jpg

那覇空港からRACのプロペラ機で30分足らずで到着しましたが、

c0180460_16265382.jpg

途中空港のすぐ南の瀬長島のきれいなサンゴ礁の海や

c0180460_1628149.jpg

懐かしい座間味村の「クジラの見える慶留間小学校」のグランドも見ることができました。

c0180460_1628325.jpg

空港に着くと楽天のキャンプ地だけあって、楽天一色なのにビックリ!

c0180460_177202.jpg

島を走ってみると、街路樹や島のいたるところにリュウキュウマツがたくさん植えられていて、台風2号が直撃した割には、塩害の被害が少ないように感じました。

c0180460_1629884.jpg

最初に訪れたのは、清水小学校裏の海岸でみられる縄文時代のサンゴ礁の三段になった浸食地形でした。

c0180460_16292857.jpg

次は、銭田(ぜんだ)の金鉱跡を訪れました。

c0180460_1629459.jpg

中にも入れましたが、水がたまっていて進めませんでした。

ここの金の品位は20g/1tonだったそうで、串木野の6.3g、佐渡金山の4.2gに比べて大きかった割に、埋蔵量が少なく廃坑になってしまったそうです。

c0180460_163019100.jpg

この地層が見られるところにも行ってみると、白っぽい石英脈に金が含まれていたそうで、石英の結晶した水晶も見られました。

c0180460_16305131.jpg

島尻海岸には、緑っぽい色の安山岩の六角柱状の節理がたくさん見られました。

c0180460_16311490.jpg

そばには、礫岩ビーチロックが発達していました。

c0180460_1784889.jpg

トクジム自然公園では、断層でできた100mもの断崖が続き、

c0180460_16314790.jpg

鳥が口を開けたような「鳥の口」が見られ、

c0180460_163288.jpg

丘の上からの眺めは、青い海・青い空がいっぱいで最高でした。

c0180460_16323293.jpg

トクジムにも貝を取り込んだ礫岩ビーチロックが発達していました。

c0180460_163323.jpg

その周りには、大津波で運ばれたとみられる安山岩がごろごろしており、

c0180460_16332195.jpg

大きな六角柱状の節理まで見られました。

c0180460_16335869.jpg

風葬の後として「島尻の石墓」も残っていました。

c0180460_1634176.jpg

昼食に寄った食堂も、楽天の選手の色紙で一杯でした。
by nami-5963 | 2011-06-14 16:34 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

植木市②

花の方では、

c0180460_0364411.jpg

大好きなブーゲンビレアが少ししか見られなかったのが残念でしたが、

c0180460_033748.jpg

赤紫色のきれいな花をいっぱい咲かせたスーパージェル、

c0180460_037720.jpg

白い花のカワラナデシコ、

c0180460_0372413.jpg

大きな赤い花をつけたアカバナフヨウ、

c0180460_0373818.jpg

瑠璃色の花をいっぱい咲かせたルリマツリ、

c0180460_0381874.jpg

白い小さな花を囲む赤くなった葉がとてもきれいなコンロンカなどが目を楽しませてくれました。

c0180460_0384964.jpg

土と肥料を買い求め、倉敷ダムでゆったりと昼食を取りました。

c0180460_0401586.jpg

緑もいっぱいで、

c0180460_0392560.jpg

小学生の遠足で楽しそうに水遊びをしていましたが、

c0180460_040418.jpg

嘉手納基地のジェット戦闘機の爆音と

c0180460_041640.jpg

ゴミの山の悪臭が強くてゆったりしたかったのですが、早目に退散しました。
by nami-5963 | 2011-06-11 22:29 | 花・草木 | Comments(0)

植木市①

沖縄市で開かれている恒例の植木市に出かけました。

c0180460_184318.jpg

顔馴染みになった植木屋さんに聞くと、今回の台風2号で植木類の8割ほどが被害にあったそうで、植木の出品も少なくなってしまったそうです。

c0180460_1845175.jpg

いつもに比べて、人の出も少なくてびっくりした。

実のなる木がたくさんあり、勉強になりました。

c0180460_1851464.jpg

大きなスモモの実、

c0180460_1854114.jpg

糖度が高くておいしいというホワイトサポテ、

c0180460_186396.jpg

マウンテンアップルのかわいいピンクの花と

c0180460_186193.jpg

膨らみかけた緑色の実もありました。

c0180460_1865949.jpg

マンゴウの実もたわわに実っていますし、

c0180460_1872277.jpg

初めてお目にかかるカニステルの花のつぼみと

c0180460_1874118.jpg

黄色い大きな実、

c0180460_1875921.jpg

エレガントテシマの変わった実にも出会いました。

c0180460_1882280.jpg

サボテンのきれいな花も見事でした。
by nami-5963 | 2011-06-10 18:01 | 花・草木 | Comments(0)

最近のベランダのようす

台風2号の塩害でベランダの植物はほぼ全滅状態でしたが、その後のようすを紹介しましょう。

c0180460_1245444.jpg

台風前にブログにのせようと思って写真を撮っていた白い小さな花を咲かせるニトベカズラはすべてが飛び散っていました。

c0180460_1252897.jpg

月下美人に七つの花芽がついていましたが、塩害でしおれてしまい残念でした。

c0180460_1272827.jpg

赤い花をたくさん咲かせていたカランコエも塩害でしおれてしまいました。

c0180460_1455997.jpg

かろうじて塩害に強いと思われていたサクラランの葉も日が経つにつれ、ぽろぽろと落ちてきています。

c0180460_89343.jpg

全滅したトウワタの下に咲き始めていたマツバボタンの白い花を見つけた時は、津波のがれきから貴重なアルバムを発見した被災地の人と同じ喜びを感じました。

c0180460_1384084.jpg

強風で倒れ、伐採された桜の木の後には、防風、防火、防塩効果の大きいフクギの苗を8本植えました。これから100~200年かけて成長してくれることを願っています。

c0180460_8103380.jpg

すべての葉が枯れてなくなったブーゲンビレアも新しい小さな葉っぱをたくさん芽生えさせてくれています。

c0180460_1393867.jpg

c0180460_137371.jpg

一番嬉しかったのは、二階のベランダに這わせようと成長させていたブーゲンビレアが生き残ってくれていて、180cmに成長し、駐車場側からも見られるようになったことでした。

本当に自然の回復力には感心させられることばかりです。
by nami-5963 | 2011-06-09 21:14 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

料理教室

久しぶりに、おきでん料理教室の「中華料理」に参加しました。

c0180460_162821.jpg

いつものようにわかり易く丁寧に説明しながら先生が作って下さった料理がこれです。

c0180460_1623260.jpg

左が①海鮮冷やし中華、真ん中が②鶏のから揚げ、右がコラーゲンたっぷり魚スープの三品です。

c0180460_1632554.jpg

① は新鮮な魚介類を豊富に使ったとても贅沢な物でした。また、麺をボイルした後、流水でぬめりを取ること、それにごま油を少し入れると麺がくっつくのを防ぐ効果があることを知りました。

c0180460_1634312.jpg

② では一口サイズにカットした鶏のもも肉をタレと卵と片栗粉で手にまとわりつくくらいの粘り気を持たせることが大切だということを知りました。

c0180460_1641083.jpg

③ では新鮮な魚を使うと魚の臭みがないこと、水溶き片栗粉や卵はゆっくり少しずつ混ぜながら入れるとダマにならないことを知りました。

今度は私たちが作ることになりました。

私は、主に②と③に取り組み、女性陣のためにもコラーゲンをタップリ入ったものに仕上げました。

c0180460_1643335.jpg

班の女性陣と先生のお陰で出来上がった料理がこれです。

とてもボリュウムたっぷりな料理が出来上がり、おいしく頂くことができました。

先生と班の女性陣に感謝!

最近、食中毒の問題で持ち帰りが禁止になり、食べ切れずに捨ててしまうのがもったいない限りで~す。
by nami-5963 | 2011-06-08 22:57 | 料理・食文化 | Comments(0)

魚の赤ちゃんの世界

c0180460_1812887.jpg

海洋博研究センターで「魚の赤ちゃんの世界」の講座があり、面白そうなので出かけました。

途中の本部半島の森や木々は台風2号の塩害で茶色に枯れてしまい、前回満開状態だったイジュの花はほとんど見られなかったのが残念!

c0180460_1821428.jpg

先生のお話はとてもわかり易く、魚は卵で生まれ、卵にも浮くものと沈むものがあり、

c0180460_1824192.jpg

食品になる卵の紹介、

c0180460_1833270.jpg

食品になる仔魚の紹介、

c0180460_1835867.jpg

卵を産む場所と仔魚の生育場所を大切にすることを学習しました。

c0180460_1853993.jpg

c0180460_186025.jpg

次に、仔魚と親の姿の紹介があり、ウツボ、

c0180460_1862080.jpg

トゲトゲ顔の仔魚、

c0180460_1864483.jpg

とび出してるもの、

c0180460_187532.jpg

大きな口を持つもの、

c0180460_1872384.jpg

クラゲのものまねをするもの、

c0180460_1874136.jpg

ちょっと変わったマンボウの仲間などを見せてもらいました。

どの絵も先生が黒い線と点だけで描かれたもので、とても素晴らしいものでした。

c0180460_188131.jpg

次はちりめんじゃこの中からいろんな仔魚を肉眼や双眼顕微鏡で探して行くことになりました。

c0180460_1884499.jpg

肉眼で分類したもので、左上がヒイラギ、左中がハタ、左下がタコ、真ん中がアイゴ、右がタチウオです。

c0180460_189416.jpg

双眼顕微鏡でもアミエビ、

c0180460_189222.jpg

ウルメイワシ、

c0180460_1895551.jpg

イカナゴ、

c0180460_18101764.jpg

ヒイラギ、

c0180460_18104237.jpg

タコなどを観察することができました。

c0180460_1811345.jpg

タコとカワハギが一番親に似ていて笑ってしまいました。

c0180460_18113720.jpg

こどもも大人もとても楽しく参加できたこと、親切な先生とスタッフのみなさんに感謝!で~す。
by nami-5963 | 2011-06-07 18:11 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ゆみたんデー④

保育園に行かすには少し不安なゆみたんママの依頼で、今日もゆみたんを預かり、楽しく過ごしました。

c0180460_136317.jpg

寝ながら抱っこでわが家にやってきましたが、目覚め出すととても元気で食欲もあり、モリモリ食べだしてビックリ!

c0180460_1361847.jpg

食後の食器洗いも、積極的に取り組んでいました。

c0180460_1363429.jpg

自分が食べたので、今度はお魚にもエサをやってくれていました。

c0180460_1365313.jpg

ベランダに出てゲットウ(月桃)の花を手に取ったり、

c0180460_1372696.jpg

桜の倒木についていた珍しいサルノコシカケ(猿の腰掛)を見ていると、

c0180460_139202.jpg

桜の倒木の処分に業者さんが来てくれました。

c0180460_13101529.jpg

大きなチェーンソーの音を聞くのも初めてですし、

c0180460_1395498.jpg

桜の倒木を小さく切り刻んて行く業者さんを少し離れて見学し、

c0180460_13103850.jpg

お茶の接待もしてくれるゆみたんでした。

c0180460_13105582.jpg

桜の枝にメジロの巣がついていたのも新たな発見でした。

首里に用事で出かけて昼食を取りましたが、食欲旺盛なゆみたんは満足できなかったようで、帰ってからもいろんなものをよく食べ、下痢以来のたくさんのウンコも出て大喜びの万歳!をしていました。

c0180460_13112518.jpg

アンパンマンのパズルやカルタ取り、

c0180460_1312146.jpg

絵本読み、

c0180460_13125113.jpg

学習発表会ごっこ、

c0180460_1313560.jpg

お絵かき、

c0180460_13132495.jpg

かくれんぼと元気に大活躍していました。

これだけ元気になり、食欲も回復してきたので、明日からは保育園の生活に戻れそうで~す。

よかった、よかった!
by nami-5963 | 2011-06-06 22:02 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

チョウチョウの食草栽培

「首里城下にチョウをとばそう会」は、「チョウの楽園は人の楽園」ということでこの10年間チョウチョウの食草栽培を熱心に取り組んできたそうです。

c0180460_1144369.jpg

今回は浦添大公園には緑が多い割にはチョウを見かけることが少ないので、チョウチョウの幼虫(毛虫のこと!)が食べる食草をたくさん植えて、チョウチョウを呼び戻そうということになったようです。

c0180460_1153441.jpg

今日は150名が集まり、9班に分かれて1800本の食草や蜜源植物を植えました。

c0180460_116196.jpg

ゆみたんもチョウチョウの放蝶に行きたいというので、とても蒸し暑い中、アリや蚊に悩まされながらも頑張って参加しました。

c0180460_1162452.jpg

ゆみたんが参加した8班は浦添大公園の西の端から当山の石畳までの一番長い距離を歩いて行きました。

c0180460_1164758.jpg

その甲斐あって当山橋の上で釣りをしているお兄さんたちが飼っている鳥の赤ちゃんを3羽見ることができました。

c0180460_117491.jpg

8班のみんなで手分けして100本ほどの食草や蜜源植物を植えました。

c0180460_1172662.jpg

ゆみたんも小さいスコップを手にしてホウライカガミやトウワタを植えて行きました。

c0180460_1175428.jpg

蚊が多くて刺されては、ムヒを塗って頑張りました。

c0180460_1181735.jpg

よく頑張った8班のみんなで仕事を終えて記念撮影をして本部に戻りました。

c0180460_1185111.jpg

途中で、ヤモリが死んでいるのものぞき込んできましたよ。

c0180460_1191966.jpg

本部では、みんなに冷たいお茶やジュースが用意されていてホッと一息つけました。

c0180460_119396.jpg

次は、こども達でオオゴマダラの放蝶です。

c0180460_120362.jpg

会長さんにチョウの持ち方を教えてもらい、みんなでカウントダウンをして、一斉に放蝶しました。

c0180460_1202486.jpg

ゆみたんもチョウチョウの飛んで行くのを目で追って嬉しそうにしていました。

c0180460_1204218.jpg

最後に、いろんな食草をお土産に頂いてきました。

わが家では台風でトウワタも全滅してしまったので、とても嬉しかったで~す!
by nami-5963 | 2011-06-05 22:11 | 沖縄の不思議 | Comments(0)