沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2017年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

泡瀬の自然観察会

「泡瀬干潟を守る連絡会」主催の観察会があるというので、「カーミージーの海で遊び隊」の研修を兼ね、Aさん、Mさんといっしょに出かけました。


c0180460_03054175.jpg

11時すぎに地元の中学生を含めた20人が集まり観察会がスタートしましたが、



c0180460_03054939.jpg
今回の課題の一つが前回のセミナー時(2017.5.14、参照)の「ギボシムシ吸引機」のパワーアップ改良版を試してみることでした。



c0180460_03055937.jpg
干潟に出ると今まで見たこともない豆のような種子がたくさん打ち上げられていましたし、



c0180460_03065815.jpg
少し歩くとマングローブの植物が岩場にしっかり根付いているものに出合いビックリ!



c0180460_03074463.jpg
また、岩をめくってみると茶色いヒラムシや



c0180460_03080390.jpg
スジホシムシに出合い、



c0180460_03082858.jpg
おいしい貝のカンギクが岩の裏側や



c0180460_03084553.jpg
岩のくぼみにたくさん群れていたり、



c0180460_03090180.jpg
肉食のタマガイ類の卵塊の砂茶わんが何種類も見つかり、



c0180460_03092146.jpg
ナツメモドキ、ハナビラダカラやたくさんのタカラガイが見つかり貝類の多さに驚くばかりでした。



c0180460_03125110.jpg
砂州に着くとたくさんのミナミコメツキガニが食事をした後の砂団子を作り、らせん状にくるくる回って砂に潜る様子を動画に収めることができました。



c0180460_03132022.jpg
また、砂地に棲むメナガオサガニや



c0180460_03135375.jpg
ゴカイの仲間の棲管(せいかん、住み家)が見つかりましたが、



c0180460_03141851.jpg
砂地の表面にたくさんあいた穴が何の住み家なのかをはっきりさせるために「ギボシムシ吸引機」が大活躍をしました。



c0180460_03143733.jpg
中学生も小学生も力を込めて頑張って砂と水を吸い上げると、ゴカイの仲間はゲットできませんでしたが、



c0180460_03193322.jpg
体が透明で黄色い卵が丸見えでテッポウエビのように片方のツメが大きなスナモグリがたくさんのゲットできビックリ!



c0180460_03203150.jpg
面白いようにたくさん採れるようになり、



c0180460_03204142.jpg
たくさん集めて観察した後は



c0180460_03213611.jpg
砂地に戻すと一目散に砂に潜って行く様子も観察することができました。



c0180460_03220629.jpg
他にも砂地に棲むキンセンガ二や



c0180460_03222688.jpg
タイワンガザミの死骸や



c0180460_03224414.jpg
クモヒトデにも出会い、貴重な動画を残すことができました。



c0180460_03230334.jpg
ウミエラ館でおいしい沖縄のぜんざいを頂いて有意義な観察会を終えることができました。



c0180460_04001963.jpg
みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2017-09-25 08:57 | 磯遊び | Comments(0)

9月18日の観察会

9月18日は台風一過の好天に恵まれ、


c0180460_01210748.jpg

35名の参加者に5名のスタッフが集まり、いつものように海の危険生物の説明や注意事項を説明し、元気にスタートしました。



c0180460_01225372.jpg
トンネルを抜けてカーミージーの岩場に出たあたりの岩は琉球石灰岩の粟石で、12万年前の海にいた星砂などの有孔虫の集まりなのでとても柔らかく、自然の力でぐるぐる丸く削り取られた甌穴(おうけつ、ポットホール)や海岸崖を削り取ったノッチの地形がみられる一方、



c0180460_01230983.jpg
大正から昭和の初めころにヒンプンや墓石、門柱や石垣の石材として切り出された石切り場が残されていることを説明しました。



c0180460_01241811.jpg
反対側に移動すると、干潮時に石を切り出し、満潮時に船に乗せて運びだした様子がよく分かる石切り場跡も観察できました。



c0180460_01244666.jpg
そばの大岩にたくさんへばりついたオハグロガキやクロフジツボが、みんな生きているばかりか満潮時になるとプランクトンを食べてきれいな沖縄の海を作ってくれていると説明するとみなさんビックリしていました。



c0180460_01252923.jpg
岩がごろごろと転がった岩場では、一人一回は岩を起して隠れている生きものを探し、元に戻す練習をすると、



c0180460_01254619.jpg
いきなり黒いクモヒトデとオレンジの糸状の体をプファプファして動くミノガイ(右)が出て来てみなさんとても盛り上がりました。



c0180460_01264041.jpg
たくさんの岩をめくるとケブカガニもたくさん見られ、観察後は台風でひっくり返った岩もいっしょに元に戻してもらい、大助かりでした。



c0180460_01331944.jpg
また、岩場にたくさんあいたふたつ穴は岩の中に住みついた二枚貝の吹管と吸管の穴で、


c0180460_01291499.jpg
台風の荒波にもびくともせずに岩にへばりついたたくさんのヘリトリアオリガイとともにきれいな沖縄の海を作る立役者だということを説明するとみなさんビックリしていました。



c0180460_01295843.jpg
このあたりがカーミージーの海で一番危険な場所だ!ということも説明して意識してもらいました。



c0180460_01301904.jpg
帰り道でも、きれいな色のヒメシャコガイ、


c0180460_01303207.jpg
片方のツメが大きく、パチンパチンと打ち鳴らして敵を威嚇し縄張りを主張するテッポウエビ、



c0180460_01321880.jpg
毒針を持つ危険なウミケムシなどにも出会い、楽しい観察会を終えることができました。



c0180460_01324091.jpg
みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2017-09-19 19:13 | 磯遊び | Comments(0)

観察会の下見と清掃活動

9月18日の観察会を前にして下見と清掃活動に、Aさん、Mさん、ゆみさん、ばあさんの5人でカーミージーの海に出かけました。


c0180460_23113211.jpg

台風18号の通過後初めての海は台風の影響で5~6mの高波が外洋から打ち寄せとても豪快でしたが、サンゴ礁が自然の防波堤になってくれ、私たちのところまで大波も届かないのがいつも不思議でなりません。



c0180460_23112521.jpg
そんな大波に運ばれて遠い海から大きなヤシの実も海岸に運ばれて来ていました。



また、大波で撹拌された海に入ると海水温がぐんと下がっていたので、白化したサンゴやイソギンチャクにとっては一か月ほどすると褐虫藻が戻って来てくれるのではないかと期待されました。



c0180460_23161714.jpg
三か所ほどのイソギンチャクを見て回ると、白化していた色(2017.9.8、参照)から少しクリーム色に戻ってきていたので、白化現象の回復が早まることが期待され、とても嬉しかったで~す。



c0180460_23165631.jpg
今日の下見のもう一つの目的はAさんが見つけてくれたポンプでトゲアナエビやタマシキゴカイを吸い上げて確保できるかどうかでした。



c0180460_23171843.jpg
AさんやMさん、ゆみさんも私も何度もチャレンジしましたが、

砂と海水はある程度吸い上げられるもののトゲアナエビやゴカイを吸い上げることは残念ながらできませんでした。



c0180460_23180366.jpg
海草藻場では生き残った大きなイモガイ、



c0180460_23181089.jpg
クモガイや



c0180460_23181602.jpg
赤ちゃんのクロナマコ、



c0180460_23190483.jpg
イワオウギガニ、



c0180460_23192737.jpg
ヌノメガイ、



c0180460_23195347.jpg
ウミケムシなどに出合うことができました。



c0180460_23203090.jpg
また、いつもの観察会ではみなさんに口頭で危険な場所を説明していますが、自分たちも実際に通ってみてその危険度を実体験してみることにもしました。



ここでお昼ごはんとし、Mさんとはお別れしました。



c0180460_23195347.jpg
その後も岩を起すとウミケムシ、



c0180460_23222171.jpg
たくさんのクモヒトデ、



c0180460_23223854.jpg
カニの仲間、



c0180460_23230162.jpg
ヒザラガイなどに出合い、明日が楽しみで~す。



c0180460_23241014.jpg
カーミージーの岩場の海岸で波遊びをしたり、



c0180460_23242725.jpg
石切り場の岩登りをして楽しんだゆみさんでした。



c0180460_23245462.jpg
最後にトンネルの中にゴミがたくさん吹き溜められているのを

みんなでかき集めきれいにし、


c0180460_23252609.jpg

明日の準備OK!で~す。


by nami-5963 | 2017-09-18 11:08 | 磯遊び | Comments(0)

湧き水講演会

湧き水fun俱楽部の定例会で


c0180460_06502365.jpg

ボーダーインクの編集者で「那覇まち放浪記~ぼくのうまれたまち・古地図を片手にあるいたまち~」の著者の新城和博さんの講演をして頂くと、



c0180460_06511167.jpg
とても人気で環境科学センターの研修室が一杯になる14名が集まり、ビックリ!



c0180460_06513629.jpg
早速、昭和10年の古地図を一枚配ってもらい、その活用方法を教えてもらいました。



c0180460_06515473.jpg
崖のある所には拝所があるものなので、崖を見つけると面白い!ということ




また、古い地図が手に入ると縮尺が違っても「波上宮」「仲島の大石」「三重グスク」などの不変の岩場を利用するととてもいろんなことが読み取れることを教えてくれました。




これにはガッテン!



c0180460_06523613.jpg
ブラタモリにも出てきた古い那覇は


c0180460_06530507.jpg
浮島だったためほとんどが埋め立て地で、



c0180460_06525982.jpg
久茂地川は埋め立てられずに残った水路だし、



c0180460_06535956.jpg
首里とを結んだ長虹提(ちょうこうてい)が今も確認できるとのことでした。



c0180460_06544403.jpg
さらに、1920年代の那覇はニューヨークと似て毎晩芝居が演じられた!とかペリー来航時には那覇のこども達が日本で最初に「汽車ポッポ」の遊びをした!などの耳寄りな話題も多く、



c0180460_06554116.jpg
沖縄戦後、米軍に天久を追われた住民たちは土管で新居住地に水を引き、米を作って公民館を建てた!という話も水が人を繋げている()話として湧き水fun俱楽部ならではの有意義なお話でした。



c0180460_06560576.jpg
いろんなお話を聞かせて頂きありがとうございました。


by nami-5963 | 2017-09-17 06:49 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

又吉栄喜文庫の創設

浦添市立図書館からTELがあり、詳しくお話をお聞きしました。



c0180460_23522258.jpg
内容は芥川賞作家の又吉栄喜さんの出身が浦添市だということで市立図書館に「又吉栄喜文庫」が創設されることになったそうです。



c0180460_23521367.jpg
そこで、きたる9月30日(土)の9時30分から「又吉栄喜文庫」創設記念パネル展を開催し、10時からも本人のトークショウも計画されているそうですが、彼の作品の中に地元の「カーミージー」のことがでてくるので、このパネル展に「カーミージーの海の生きものたち」のパンフレットを展示し、参加者にも配布したいので50部を提供してほしい、との依頼でした。



c0180460_23522958.jpg
こんな依頼は初めてでビックリ!しましたが、「カーミージーの海で遊び隊」の活動が広く市民のみなさんに知られるようになった影響に感謝し、すぐに50部のパンフレットを届けさせてもらいました。



c0180460_23523545.jpg
又吉栄喜文庫の創設をお祝いし、パネル展の成功をお祈りいたしま~す。


by nami-5963 | 2017-09-13 20:49 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

津堅島の地質見学

津堅島にもカーミージーと同じ粟石(あわいし、マチナト石灰岩)が分布し、その地質見学会があるというので、離島に初めて渡るというAさんといっしょに朝の7時に浦添発で出かけました。


c0180460_02201353.jpg

当日は雨の予報がしっかり外れ、穏やかな晴天の中、1時間でフェリー乗り場に到着し、


c0180460_02204557.jpg

たくさんの海水浴客といっしょに「おきなわ石の会」の37人も高速船に乗り込み、



c0180460_02214141.jpg

10分間の穏やかな海路を楽しみました。



c0180460_02220570.jpg

「キャロット愛ランドマリンターミナル」で開会式をして、



c0180460_02233240.jpg

最初にハトが見つけたという伝説の残るホートゥガーに向かいました。



c0180460_02245043.jpg

街中を歩いていると門柱には大きなシャコガイがシーサー代わりに置いてあったり、



c0180460_02251834.jpg

石敢當も大きなシャコガイだったり、



c0180460_02255207.jpg

軽トラのナンバープレートが手書きだったりと「所変われば品変わる!」を実感しました。



c0180460_02262055.jpg

ホートゥガーはきれいな海に降りる断崖にありました。



c0180460_02264424.jpg

湧き水が湧き出す理由は①水を通しやすい地層を雨水が浸透し、②水を通しにくい地層で遮られ、①と②の間から湧き出す!ということで、これは全国どこでも同じですが、



c0180460_02281528.jpg

ここホートゥガーでは



c0180460_02284579.jpg

①が12万年前に堆積した粟石(あわいし、マチナト石灰岩)で②が300~400万年前に堆積したシルト(泥岩)系の凝灰岩(ぎょうかいがん、火山灰が堆積してできた岩石)だとの説明がありました。



カーミージーでは②にあたる岩石を目にすることはできませんが、湧き水はとても豊富なことが確認できています。



c0180460_02302652.jpg
①の粟石の一部分が鍾乳洞の壁面のようになっていることについてもいろいろ論議しました。


c0180460_02352998.jpg
また、浸食地形のノッチ(刻み目)が6000年前の今より2~3m海水面の高かった縄文海進時の産物だという説明もあり、Aさんはとても参考になったと言っていました。



c0180460_02355689.jpg
次は、歩いて展望台に上り、



c0180460_02361839.jpg
きれいな景色を堪能しましたが、



c0180460_02364235.jpg
「キャロット愛ランド」だけあってマンホールや展望台から島中のベンチや



c0180460_02370867.jpg
家の上のオブジェまですべてがニンジンなのにビックリ!



c0180460_02373144.jpg
きれいなトウマイ浜ビーチで昼食をとり、ゆったりとした時間を過ごし、きれいな沖縄の風景を堪能しました。



c0180460_02383125.jpg
時間があったので、アダンの葉っぱ細工教室も開かれていました。



c0180460_02385199.jpg
最後に歩いて行ったのは、200~300mも続くビーチロックのある海岸で、



c0180460_02391090.jpg
ローソク岩もそびえる露頭でした。



c0180460_02393768.jpg
ここは最初に訪れたホートゥガーの①と②の地層の間に①より古い時代のサンゴでできた琉球石灰岩(那覇石灰岩)が見られる場所でした。




一日見てきた津堅島の粟石はカーミージーで見られる粟石より質がよくなかったので、石材としては適さず、切り出されることもなかったということがよく分かり、津堅島に来ていい勉強になりました。



c0180460_02405672.jpg
暑い中、ペットボトルの3本を飲み干し、汗をたっぷりかくことで熱中症にならずに済みました。



c0180460_02412907.jpg
帰り道、やっと雨が降り出す中、米海軍のホワイトビーチを見下ろすことのできる、



c0180460_02412213.jpg
平敷屋タキノーにも寄ってみました。



c0180460_02420647.jpg
みなさん、まる一日お疲れさまでした。


by nami-5963 | 2017-09-11 16:13 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

その後の白化現象

その後のカーミージーの海の白化現象が心配で、久しぶりの海の散策に出かけました。



c0180460_22261941.jpg


風が強くて水面が波立っていましたが、イソギンチャクに近づくと白い物が目立ってきて白化現象だとすぐにわかります。




c0180460_22265640.jpg

一番目のハタゴイソギンチャクは住んでいたイソギンチャクエビやイソギンチャクモエビの姿も確認できず、残念でなりません!




c0180460_22315452.jpg
二番目のハタゴイソギンチャクはずいぶん大きく成長してきたのが、やせ細っていてビックリ!



c0180460_22323695.jpg
カクレクマノミを探していくと全部で5匹住んでいて、大きなメスが白化したイソギンチャクから離れて警戒していました。



c0180460_22330748.jpg
三番目のものは移植したものの住民がいなかったのが、赤ちゃんカクレクマノミとイソギンチャクエビが一匹ずつ住みついていてホッとしましたが、立派に白化していました。



c0180460_22334163.jpg
四番目は水深もあり、外洋の干満の潮流が押し寄せるので白化は免れていましたし、



c0180460_22340288.jpg
カクレクマノミが2匹と



c0180460_22342534.jpg
黒っぽい体色のクマノミが一匹住みついていて嬉しくなりました。



c0180460_22345049.jpg
五番目のものも立派に白化していましたが、カクレクマノミが4匹も住みついていて嬉しかったで~す。



c0180460_22354293.jpg
六番目のハタゴイソギンチャクは外洋の干満の潮流が押し寄せるので白化は免れていましたが、他の生きものの姿は見られませんでした。



c0180460_22361228.jpg
七番目は六番目と似た環境なので白化は免れていましたし、かわいいカクレクマノミが一匹住みついていました。



浅場に棲む7体のハタゴイソギンチャクを見て回り、半分以上の4体が白化!という危機的な状況がよく分かりました。



c0180460_22365881.jpg
散策中にも温かい海水に触れる部分が白化したサンゴが「白い輪」になっており、



c0180460_22371965.jpg
外洋性のオレンジ色のカイメンの分布が広がっているのを目にし、



c0180460_22373949.jpg
暑いので岩の下に体を隠したニセクロナマコや



c0180460_22380013.jpg
トゲクリイロナマコ、



c0180460_22381625.jpg
ただのクリイロナマコ、



c0180460_22383733.jpg
かわいい赤ちゃんのクロナマコ、



c0180460_22385690.jpg
手のひらサイズの大きなイソアワモチや



c0180460_22391327.jpg
クモガイのヤングの個体にも出会いました。




このクモガイのヤングの個体を私の「貝牧場」に放しに行くと、今までいたジャゴウが行方不明でビックリ!



c0180460_22394445.jpg
今まで住んでいたところから10m四方をじっくり探して回ると、3m移動している一回り大きくなったジャゴウを発見し、ホッとしました。



c0180460_22400874.jpg
海の中でおにぎりを頬張っていると雨雲が接近してきたので、急いで帰路につきましたが、ヒョウモンヒラムシやカニの食事風景の動画をゲットすることができました。。


c0180460_22411591.jpg

いつ行っても楽しいカーミージーの海で~す。








by nami-5963 | 2017-09-07 22:24 | 磯遊び | Comments(0)

ゆんたく広場

9月のゆんたく広場があり、MさんとAさんが集まり、にぎやかにゆんたくを楽しみました。


c0180460_01485660.jpg

最初に「海DO命」(6/25放映)と「OTV取材」(8/20、8/24放映)のビデオを見て、新ルートでの観察会の成功をみんなで喜び合いました。


ゆんたくの内容は、やはり故郷や幼少の頃のことが多くなり、Mさんから北海道、Aさんからは静岡や群馬の話が出て、いい勉強になりました。



続いて、カーミージーの道路工事現場で8月から始まった米軍のドサクサに紛れた基地拡張工事について報告しました。



c0180460_01515627.jpg

高台からの写真で黄色の点が今までの基地のフェンスで赤点が拡張後のもので、水色点が海への侵入を防ぐ新しいフェンスです。



c0180460_01521855.jpg

市の説明によると新しい道路間際にフェンスが張られてしまう予定だったが、将来三角地を駐車場として市が買い取るので


c0180460_01543412.jpg
赤い点線で新しいフェンスを張ってもらった、と言っていましたが、


c0180460_01532915.jpg
嘉手納基地以南の基地返還が確定している中で米軍の言いなりの基地拡張を許す植民地状態だ!とみなさん憤っていました。



c0180460_01541664.jpg

それも、「不法侵入を防ぐために」新しい水色の点のフェンスを設けて施錠し、米軍と市がそのカギを持ち日常的に閉鎖し、要請があれば開けることができる、ととんでもないことを言い出す始末です。



c0180460_01524885.jpg

これらの費用も日本国の思いやり予算で一日1億円つぎ込まれている!とMさんが憤っていたのが印象的でした。



c0180460_02003741.jpg

また、最近新聞に載った「里浜条例」のことで「よかったですね!」と言われるけれど、カーミージーの半分は埋め立て、軍港まで誘致して自然を破壊するのに「宝の海保全」がどうしてできるのか疑問だ!という意見も出て、今日は時間がないので継続して論議していくことになりました。



c0180460_01564836.jpg

あと日程的なものを再確認して解散しました。




9月18日(月)第85回観察会、12時~14時と

10月7日(土)第86回観察会、14時~16時は新ルートで実施し、




11月5日(日)第87回観察会と

12月3日(日)第88回観察会と

12月30日(土)第89回観察会は夜間で足元が危険なため中止としますので、ご了承下さい。




10月14日(土)第二十四回ゆんたく広場、14時~17時

11月4日(土)第二十五回ゆんたく広場、14時~17時

12月2日(土)第二十六回ゆんたく広場、14時~17時は予定通り実施します。






by nami-5963 | 2017-09-05 09:47 | 磯遊び | Comments(0)