人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2018年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

沖国大生の卒論支援(16回目)で真夜中のカーミージーの海にKさんとお友達二人の計4人でイソギンチャクの調査に出かけました。



c0180460_01282265.jpg
今日はエビ取り機を持参しましたが、今年一番の冷え込みの風が強く吹き水面が波立っていてエビどころではありませんでしたが、寝ぼけたハリセンボンには出会えました。



c0180460_01282288.jpg
最初のイソギンチャクGに向けて歩いていると岩にたくさんの緑藻類がついているので、今年はアーサがたくさん採れそうに感じていると、



c0180460_01282382.jpg
お友達の一人が「珍しいウミウシがいる!」と呼ぶ方に行ってみると12~3cmはありそうな大型のウミウシで、


c0180460_01282216.jpg
私もこんなものを見るのは初めてでビックリ!でした。



c0180460_01310944.jpg
イソギンチャクGに着くと三匹のカクレクマノミはイソギンチャクに潜ってお休みで、驚かさないようにエビなどを探しましたが、一匹も見当たりませんでした。



c0180460_01342611.jpg
次への移動中に前回に出合った大きなマンジュウヒトデにも出会いました。



c0180460_01320206.jpg
イソギンチャクEにはイソギンチャクエビのご夫婦が住んでいましたが、カクレクマノミの姿は見られませんでした。



c0180460_01320163.jpg
イソギンチャクFは今日の水位ではイソギンチャク本体がすべて水面から出てしまっていてエビなどの姿は全く見られませんでした。



c0180460_01320153.jpg
いつも生きものがいっぱいで賑やかなイソギンチャクDはカクレクマノミが二匹とイソギンチャクエビが三匹、テナガカクレエビが前回は11匹いたのが1匹しか見当たらずでした。どこへ行ったのでしょうか?



c0180460_01320274.jpg
前回はいくら探しても見つけることができなかったイソギンチャクB2でしたが、今回はKさんの「見つけるぞ!」という気合勝ちで岩の下に潜り込んで見つけにくいイソギンチャクB2を見つけることができました。




まだ、白化は回復しておらず、生きものは住みついていませんでした。




イソギンチャクCに向かう途中で手のひら大くらいのイソアワモチに出合いビックリ!



c0180460_01320129.jpg
イソギンチャクCでは2cmほどに成長したカクレクマノミが一匹で元気に出迎えてくれましたが、他の生きものは見当たらずでした。




台風以後、エビなどの生きものの数が随分と減ってきたので、調査する時間も短くて済み、2時前には無事に真夜中の調査を終えることができました。



みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2018-11-23 20:25 | 磯遊び | Comments(0)

湧き水fun倶楽部定例会

湧き水fun倶楽部の定例会があり、8名が集まって忘年会の打ち合わせと情報交換をしました。



c0180460_00334385.jpg
忘年会は12月15日(土)で、9時30分にサンエー西原シティーに集まり、琉球王朝第二尚氏王統の初代国王である尚円王(金丸)のゆかりの内間御殿とその周りにある5カ所の湧き水を訪ねた後、忘年会ランチ(1,380円)の予定ということでした。

参加希望とランチの魚か肉のコースを係に知らせることなどが確認されました。

参加者の中からは近くに西原浄水場があるので、そこを見学してみることの追加提案があり、さらに充実した一日となりそうで楽しみで~す。




さらに、TVの「世界ふしぎ発見」の取材依頼があり、来年
1
月の番組で仲間樋川の紹介がされる予定だと報告されビックリ!

「琉球王国の成り立ちには水が重要な役割を持っていた!」がテーマだそうです。



c0180460_00340124.jpg
また、今年で最後になる「首里城のお水取り行事」の再案内もありました。



c0180460_00334341.jpg
近況報告では、石垣に出張で行った折に湧き水を探したらみんな掘り抜き井戸だったとの報告があり、



c0180460_00340164.jpg
Kさんは厚生省水道部OBの集まりの「水を語る会の10年」の会で「沖縄の復帰前と復帰後の水道行政」の講演を東京でした時の貴重なエピソードを語って下さいました。




その中で復帰の日が5月15日になったのは、日本は4月1日が年度初めで米国は7月1日が年度初めで、どうしても折り合いがつかなかったので、足して2で割った!との話にビックリ!




孫の少年野球の応援にでかけて過ごしています、

引っ越しの予定がありま~す、

カーミージーのパンフレットの改訂版を発行予定です、

学校の仕事で忙しくしているようすや

忘年会の下見に回ってよかった!との近況報告があり、みなさん充実した生活をされているようでした。




by nami-5963 | 2018-11-17 22:30 | 沖縄の不思議 | Comments(0)
沖国大生の卒論支援のイソギンチャク調査で二回目の夜の海にKさんとお友達との3人で夜中の11時半に集まって出かけました。



c0180460_23195110.jpg
ヘッドライトの光に驚き、小魚が盛んに水面を飛び跳ねていますし、ハリセンボンが寝ぼけて泳いでいるのに4匹も出会いました。



c0180460_23195104.jpg
ライトを消して海草藻場を足でかき回すと夜光虫やウミホタルが光の饗宴を楽しませてくれ、エビの目玉がライトを反射して輝いて見えます。



c0180460_23195174.jpg
珍しいマンジュウヒトデや



c0180460_23195122.jpg
フタスジナマコにも出会いながら



c0180460_23195125.jpg
イソギンチャクGに到着すると3匹の大きなカクレクマノミはイソギンチャクのお布団にくるまってよく眠っていて、イソギンチャクエビなどの姿も見えず寂しいものでした。



c0180460_23221291.jpg
次に移動するのに胸ぐらいの水深があり、服がびしょびしょに濡れ夏と違って少し肌寒く感じました。



c0180460_23221224.jpg
イソギンチャクEでは1cmほどのかわいいカクレクマノミが一匹とイソギンチャクモエビが生活し、



c0180460_23221240.jpg
イソギンチャクFではイソギンチャクエビが二匹とイソギンチャクモエビが生活していました。



c0180460_23241358.jpg
イソギンチャクDでは1cmほどのかわいいカクレクマノミが二匹とイソギンチャクエビが三匹、



c0180460_23241366.jpg
ホシナシカクレエビが住みついていて一番賑やかなイソギンチャクでした。



c0180460_23241320.jpg
移動中に赤い目を持つイワオオギガニや大きなイソアワモチにたくさん出会ってビックリ!




イソギンチャクB2のポイントにたどり着いたのですが、3人の目でいくら探しても見つけられず、調査を断念せざるを得ませんでした。



c0180460_23265579.jpg
イソギンチャクCはすぐに見つかり、かわいい1cmほどのカクレクマノミがすぐに出迎えてくれましたが、他のエビなどの姿は見られず寂しいものでした。



c0180460_23265469.jpg
今日のイソギンチャク調査は3時前に無事に終えることができました。



c0180460_23265536.jpg
お疲れさまでした。






by nami-5963 | 2018-11-07 17:15 | 磯遊び | Comments(0)

11月4日の観察会

今年最後の観察会の11月4日は前日から雨がよく降り、集合時間前にも大雨が降って開催が危ぶまれましたが、スタート時には参加者16名スタッフ7名が集まり雨もパラパラ降りになりました。




c0180460_18312882.jpg
子供たちには貝のコマ回しと笛遊びを楽しんでもらい、危険生物の学習を済ませて海に向かいました。



c0180460_18324578.jpg
海に入り、足元のどんな貝殻をひろっても必ずヤドカリが入っていることにビックリし、



c0180460_18335632.jpg
すぐそばにさっき勉強したばかりの大きな毒針を出すイモガイがいて恐ろしくなりました。



c0180460_18340868.jpg
クロナマコ(左)とニセクロナマコに出会い感触の違いを確かめていると



c0180460_18350340.jpg
指で触るとチクチクと白いイカリ状の骨片が指にくっつくオオイカリナマコにも出会い、



c0180460_18351700.jpg
触手をたくさん出して泥や砂を口に入れ、栄養を摂る様子を観察し、ナマコの仲間はみんな海の掃除屋さんだということを学びました。



c0180460_18363302.jpg
そこに肉食の巻貝のタマガイの仲間の卵塊の砂茶わんや



c0180460_18365015.jpg
7
本のツノを持ちかわいい二つの目玉を出すクモガイ、



c0180460_18391195.jpg
ナガウニと毒針を持つイモガイとカニの爪、



c0180460_18393369.jpg
岩に住み込んだきれいな色のヒメシャコガイ、



c0180460_18124616.jpg

お金に使われた歴史の残るタカラガイのキイロダカラ、


c0180460_18141098.jpg
水中花が咲いたようなゴカイの仲間のケヤリムシ、


c0180460_18155137.jpg
珍しい白色のミノウミウシ(右)とウミウシの仲間のミドリチドリガイや



c0180460_18153971.jpg
毒を持つというカニのケブカガニ、



c0180460_18151979.jpg
かわいいハリセンボンなどが現れ、みなさん大喜び!



c0180460_18164989.jpg
砂潜りの名人技を使ってヤドカリを襲って食べる肉食のカニ・ソデカラッパのようすをみんなで観察し、



c0180460_18174103.jpg
1~2cmの穴にすむ赤いトゲアナエビをリュウキュウスガモの海草で釣り上げようという遊び(釣り上げることはできません!)に


c0180460_18175403.jpg
大人も子供も夢中になって楽しみました。



c0180460_18183359.jpg
大きなブロックにくっついているフジツボや貝はみんな生きていて潮が満ちた時にだけ食事をしてきれいな沖縄の海を作っていることも知りました。



c0180460_18195026.jpg
帰り道で先ほど出合った白いミノウミウシと同じ種類に出合いましたが、どうやらご夫婦のようで冬の恋の季節にそなえているようでした。



c0180460_18202322.jpg
雨交じりの中でしたが今年最後の観察会を無事に終えることができました。



c0180460_18205924.jpg
みなさん、ありがとうございました。





by nami-5963 | 2018-11-05 17:36 | 磯遊び | Comments(0)

今年の観察会もあと11月4日を残すだけとなりましたので、来年度の計画を立てることにしました。



c0180460_16374609.jpg
潮の加減がよく観察会に適している日時を選んでいくと最終的に21日間となりました。

来年は今年できなかった夜間の観察会が5日もできることになり、これを織り込みチラシにするためラクスルに印刷に出しました。



c0180460_16375440.jpg
来年のチラシの表紙と



c0180460_16380333.jpg
裏面も作成しラクスル印刷に発注しました。




このチラシは来年の1月に配布する予定ですので、それまでに今までの古いチラシを回収し、その間はパンフレットを手に取ってもらえるようにとAさんと配布して回りました。




チラシ・パンフを置いて頂いているところを紹介しておきますので、みなさんも手に取ってご覧下さい。



c0180460_16394329.jpg
カーミージーの海の出入り口(4か所)のフェンス、隠れ家喫茶・清ちゃん、浦添市立歴史にふれる館、NEOSU、コープ牧港店、宜野湾市立博物館、浦添市役所玄関ロビー、市長室・秘書課、市環境保全課、浦添市立中央公民館、浦添市立図書館、緑ヶ丘自治会館、伊祖自治会館、港川小学校、パーラー幸、環境省・漫湖・水鳥湿地センター、県立図書館、那覇市立ほしぞら公民館、県立博物館・美術館、泡瀬・ウミエラ館、海洋博研修センター




今回回って得た情報などを紹介しますと、



c0180460_16402976.jpg
宜野湾市立博物館では、「宜野湾探訪」の展示が真っ最中で、



c0180460_16404903.jpg
浦添市立歴史にふれる館では、「骨からわかる古代人の食べ物」展が開催中でした。



c0180460_16413394.jpg
浦添市役所玄関ロビーではチラシが全くなくなっていたので、パンフレットを200部置かせてもらい、



c0180460_16420358.jpg
浦添市立中央公民館では「今までのチラシの裏の生きものシリーズの写真を欲しいという人が多いのでいくつか下さい!」のリクエストがあり、ひそかな人気を感じることができました。



c0180460_16424123.jpg
浦添市立図書館では、「うらそえ地元学」の講座や



c0180460_16424825.jpg
「秋の歴史・文化講座」の紹介がありました。



c0180460_16442109.jpg
環境省・漫湖・水鳥湿地センターには豊見城市の小学生が校外学習に来ていたので、100部をプレゼントさせてもらいました。



c0180460_16445084.jpg
那覇市のほしぞら公民館では11月24日に面白い「プラ寝たリウム」が企画され、



c0180460_16445026.jpg
12月15日には「星と奏でるナハト・ムジーク」が企画されていますので、みなさんもぜひご参加下さ~い!



c0180460_16450044.jpg
県立博物館・美術館では「沖縄の灯台展」が開催されていて、いい勉強になりました。

県立図書館は12月新館オープンの予定ですので、また紹介したいと思います。




by nami-5963 | 2018-11-03 16:27 | 磯遊び | Comments(0)