人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2019年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

9月29日の観察会

9月29日の観察会は27名の参加者のみなさんの集まりも早く、スタッフ5名といっしょに



c0180460_02050057.jpg
貝のコマまわしと笛遊びを楽しみ、



c0180460_02050068.jpg
熱心な子供たちを中心に海の危険生物や海でのルールを確認してスタートしました。



c0180460_02050026.jpg
最初に、岸辺にたくさん落ちている巻貝には全部ヤドカリがすみこんでいることが分かり、ビックリ!



c0180460_02045950.jpg
カタツムリのような角の先に目玉を持つ小さなイソアワモチがたくさん現れてグミのような感触をみんなで確かめ、



c0180460_02071813.jpg
岸辺の岩場にあいた一つ穴はカニの住み家で二つ穴は岩の中に二枚貝が住み込んでいることやこれらの生きものが食事をすることを通じて沖縄のきれいな海づくりに貢献していることを知りました。



c0180460_02080128.jpg
海に入ると、たくさんの砂粒のウンコをしているクロナマコや



c0180460_02092126.jpg
クモヒトデとカニ、



c0180460_02104884.jpg
七つの突起とかわいい二つの目玉を持つクモガイや



c0180460_02064301.jpg
岩のように見える二枚貝のメンガイ、



c0180460_02070374.jpg
たくさんの足に当たる「管足(かんそく)」を出して移動するナガウニ、



c0180460_02105686.jpg
食べると毒のきつい甲羅がつるつるのスベスベマンジュウガニに出合い、よく観察をすることができました。



c0180460_02065703.jpg
クロナマコやニセクロナマコ、オオイカリナマコに出合い、感触の違いや毒のあるなしを知り、みんなで砂や泥から栄養を摂り、きれいな砂や泥のウンコをしてきれいな沖縄の海を作る役割を果たしていることを学習していると、



c0180460_02123639.jpg
ヤドカリを砂潜りの得意技で待ち伏せ、襲って食べる肉食のカニのソデカラッパが見つかり、


c0180460_02131261.jpg
何回も砂に潜るかわいいしぐさを楽しむことができました。



c0180460_02065094.jpg
海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_02140019.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、



c0180460_02140047.jpg
「すごい力で引かれた!」「草をとられました!」「これは食べられますか?」「釣りあげられないのですか?」とみなさんとても熱心に楽しむことができました。



c0180460_02150766.jpg
最後に大きなブロックについたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて干潮時の今はピシッと殻を閉じて乾燥を防ぎ、満潮時になるとプランクトンや藻類を食べて生活していることを説明していると、



c0180460_02150778.jpg
宝貝のキイロダカラが見つかり、昔はお金として使われていた歴史があるので、お金にまつわる「財産」「貯金」「買い物」などには貝の字が使われているという解説にみなさん納得されたようでした。



c0180460_02150742.jpg
帰り路で、灰色っぽくあまり出会わない珍しいハネジナマコや



c0180460_02155654.jpg
砂地に突き刺さったようなとても大きな二枚貝のハボウキガイにも出会いました。



c0180460_02174826.jpg
2時間の間にいろんな生き物に出合い、「楽しかった!」「また来たい!」という思い出がいっぱいの観察会を無事に終えることができました。



c0180460_02170444.jpg
みなさん、お疲れさまでした。



by nami-5963 | 2019-09-30 09:56 | 磯遊び | Comments(0)

9月25日は朝から台風通過後の好天に恵まれ、観察会日和となりました。

夏の観察会に参加して感動した先生の「カーミージーの海の生きものと触れ合う貴重な体験を生徒たちにもさせてやりたい!」との願いから、何度も打ち合わせを重ね、みさき特別支援学校の観察会が実現しました。


c0180460_00405841.jpg

観察会の時間が1時間しか取れないため、前もって学校でパンフレットを使って海の危険生物の学習をすませ、みさき特別支援学校の高等部3年の14名の生徒さんと7名の職員さんが大型バスでカーミージーの海にやってきました。



c0180460_00412460.jpg
遊び隊の3名が出迎え、予定より早く着いたので、みんなで貝のコマ回しと笛遊びを楽しみました。

取り組んでみると笛は少し難しかったようですが、コマ回しがとても上手な生徒さんが何人かいてみんなが拍手する場面もあり、とても盛り上がりました。



c0180460_00421143.jpg
海での約束事や注意事項を話して海に向かい、



c0180460_00442627.jpg
最初に、岸辺にたくさん落ちている巻貝には全部ヤドカリがすみこんでいることが分かってビックリ!



c0180460_00442699.jpg
次にカタツムリのような角の先に目玉を持つイソアワモチがたくさん現れてグミのような感触をみんなで確かめていると



c0180460_00535996.jpg
膨らんだハリセンボンが二匹も現れ、とても興味深そうに観察していました。



c0180460_00442636.jpg
クロナマコやニセクロナマコ、トゲクリイロナマコ、オオイカリナマコにも出合い、感触の違いや毒のあるなしを知り、みんなで砂や泥から栄養を摂り、きれいな砂や泥のウンコをしてきれいな沖縄の海を作る役割を果たしていることを学習していると、



c0180460_00442633.jpg
七つの突起とかわいい二つの目玉を持つクモガイも現れ、「きれいな貝ですね!」「この貝おいしいですよね!」と会話も弾みました。



c0180460_00463777.jpg
肉食の貝のタマガイ類の卵塊の砂茶わんや



c0180460_00470728.jpg
とても獰猛で挟まれるとやばいベニツケガニの赤ちゃん、



c0180460_00442664.jpg
ハリセンボンが好んで食べるというナガウニや青い熱帯魚のルリスズメダイなどにも出会いました。



c0180460_00370073.jpg
海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_00480184.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、



c0180460_00480171.jpg
「すごい力で引かれた!」「草をとられました!」「これは食べられますか?」「釣りあげられないのですか?」とみなさんとても熱心に楽しむことができました。



c0180460_00370443.jpg
ヤドカリを砂潜りの得意技で待ち伏せ、襲って食べる肉食のカニのソデカラッパが見つかり、砂に潜るかわいいしぐさを何回も楽しむことができました。



c0180460_00391189.jpg
その水たまりですいすいと優雅に泳ぐハリセンボンの姿に癒されるひと時を過ごすこともできました。



c0180460_00394691.jpg
「楽しかった!」「また来たい!」との感想を語ってくれた観察会を無事に終えることができました。

みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2019-09-26 08:32 | 磯遊び | Comments(0)

9月15日の観察会中止

9月15日は朝から熱低の影響の土砂降りの雨で、観察会の時間帯も雨雲がのきそうにないので、残念ながら中止と決定しました。

自然現象とはいえ、楽しみにしてくれていた方たちには大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

観察会の準備として、一人で二日間下見をしていたので、そのことを報告したいと思います。



c0180460_01055883.jpg
9月1日の観察会で見られたアオリイカの卵塊のようすを見に行きましたが、もう孵化したのか全く見当たりませんでした。


c0180460_01063992.jpg

9月15日の観察会のみなさんに見てもらいたい!と思って潮の引いた海草藻場を2時間歩き回りましたが見つからず、出会うのはクロナマコやカニのソデカラッパくらいでした。



c0180460_01083752.jpg
ふだんの観察会ではあまり出会わない、クリイロナマコにも出合いましたので、紹介しておきます。



c0180460_01091002.jpg
今日はあきらめて帰ろうと思い岸辺に戻ってきた時、アオリイカの卵塊が産み付けてあるのを発見!



c0180460_01114854.jpg
岸から10mほどのところに産み付けてあるとは、本当に「灯台下暗し!」でした。



c0180460_01114057.jpg
その環境をよく観察すると、①最干潮の時でも卵塊が水面から出ることのない適度の水深がある環境、②卵を産み付ける海草やカイメンソウ、岩の裏などがあり、敵に食べられたり水流に流されたりしない環境、③卵の成長を促す酸素の供給の良い水流がある環境、に親が十分配慮して産卵していることが分かりました。

イカの親はとても賢い!ことがよく分かりました。



c0180460_01250393.jpg
この日は潮が満ちてきたので、退散しましたが、海人が投網でグルクンの幼魚をとらえているところに出合い、


c0180460_01250649.jpg
ようすを見学させてもらいました。


c0180460_01245128.jpg
翌日も出かけ、アオリイカの卵塊をよく観察し写真もしっかり撮っておきました。



c0180460_01135359.jpg
昨日散策していないところも歩いてみると、カイメンソウに産み付けられた卵塊を発見!



c0180460_00595010.jpg
嬉しくなりましたが、生みたては真っ白な卵塊も日数が立ち泥もついて茶色くなり、

c0180460_01111724.jpg
ハッチアウト(出産!)がもうすぐのようで、つぎの9月29日の観察会まで持ちそうにないので、残念でなりません。



c0180460_01035491.jpg
カーミージーの岩場の方にも行ってみると、岩に隠れたとても大きなオカガニや



c0180460_01034839.jpg
イソアワモチが4匹集まっていたり、



c0180460_01033757.jpg
イソアワモチの二匹が仲良く泥を食べて泥の栄養を取った後にきれいな泥のウンコをしているようすを見たり、



c0180460_01025479.jpg
滑るように素早く動く、珍しい巻貝の仲間のミミガイ(体より小さな耳の形の貝殻を持っている!)や



c0180460_01000889.jpg
初めて見る名前のわからない毛むくじゃらの巻貝、



c0180460_01002022.jpg
浜に打ち上げられた魚の浮袋に出合ったりして楽しい下見を終えることができました。




by nami-5963 | 2019-09-16 08:44 | 磯遊び | Comments(0)

岡波島のクジラ化石

「おきなわ石の会」で豊見城市沖に見える岡波島(おかはじま)のクジラ化石の観察会があり、「こんな機会は二度とないかも!」ということでAさんといっしょに出かけました。


c0180460_17121614.jpg

朝の9時までに与根漁港に42名の地質ファンが集まり、



c0180460_17121723.jpg
チャーターした漁船(渡船料2500円)に分乗して岡波島に向かいましたが、



c0180460_17121710.jpg
熱低の風とうねりが強くて、岸から50mも離れたところで下船しなくてはならず、



c0180460_17121785.jpg
胸まで海水につかり、お互いに支え合いながら岸に無事たどり着くことができました。



c0180460_17121713.jpg
4隻の船でピストン運転をするため、全員がそろうまでに時間があったので、海岸の貝拾いを楽しむことができましたし、足元の砂は有孔虫の死骸の丸い粒で出てきているのにビックリ!



c0180460_17162513.jpg
クジラの化石のある所まで、潮がまだ引ききっていない海を歩いて行くのが大変でしたが、



c0180460_17162542.jpg
到着してみると、発見された1898年時に何者かに持ち去られていた頭部としっぽの骨以外のすべての骨がきれいに現存しているのにビックリ!



c0180460_17162537.jpg
化石を含んだ地層は100万年前にできた琉球石灰岩の地層で、名護博物館などにはクジラの骨格標本はありますが、


c0180460_17162592.jpg

化石として肩甲骨や肋骨から背骨までがきちんと残っているのはとても貴重で、



c0180460_17215754.jpg
天然記念物などに指定して保存しない限り崩れていくばかりだ!と心配になりました。



c0180460_17162474.jpg
現存する骨格をメジャーで測定すると7.7mで26個の脊椎があるのが分かりました。



c0180460_17234602.jpg
頭部が残っていたとしても10m少しの体長だとすると現在も慶良間諸島にやってきて出産・子育てをするザトウクジラ(2013.2.2、参照、カテゴリー「ダイビング・クジラ」参照)の子供の大きさくらいですので、骨の組織もきちんと残っていることなどから将来のDNA鑑定からどんなクジラがどんな病気で死亡したのかということも判明するのではないか?と期待に胸が膨らみました。




私が、「この地層の続きが名城の喜屋武漁港にあり、クジラの肋骨の化石を見たことがある!(2012.9.25、参照)」という話をすると、会長さんには「浪岡がゾウの化石を見た!そうだ。」、と伝わり「伝言ゲーム」の難しさを痛感したり、



c0180460_17244568.jpg
小学1年生の会長のお孫さんから、「骨の化石にはカルシュウム(Ca)以外にどんなものがふくまれていますか?」という難しい質問も出て、楽しい観察会になりました。



c0180460_17254829.jpg
もう一つの素晴らしかったことは、琉球石灰岩のノッチ部分の2mの高さにたくさんの水の嫌いな貝・キバアマガイが生息していましたが、



c0180460_17254817.jpg
たくさんの白い卵は赤ちゃんになる時にどうしても必要な海水中にちゃんと産みつけられている!という素晴らしい観察場所があったことでした。



c0180460_17264684.jpg
帰り道はとてもよく潮が引いていて、テーブルサンゴやルリスズメダイ、



c0180460_17215600.jpg
オニヒザラガイやクモヒトデたちの生きものに出合い、



c0180460_17264611.jpg
沖縄戦の不発弾を自衛隊が爆発処理した跡地も見学することができ、



c0180460_17121604.jpg
砲弾の一部がビーチロックの中に取り込まれているのがあり、ビーチロックができるのに今まで数千年かかるといわれていたものよりずいぶん短い50~60年でできる!ということも分かりました。


c0180460_17264692.jpg

船に乗るのを待ちながら会長のお孫さんとタカラガイの笛遊びをし、



c0180460_17264667.jpg
岩の上にこぶのようについた二枚貝(カネツケザル)を割って食べてみたり、



c0180460_17264678.jpg
貝殻を脱いだ貝のイソアワモチや毒を持つケブカガニを観察して楽しく過ごしました。



c0180460_17285260.jpg
Aさんも「楽しくて、いい経験になりました!」と満足そうでした。



c0180460_17285228.jpg
みなさん、お疲れさまでした。


c0180460_17323680.jpg




by nami-5963 | 2019-09-15 17:06 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

いつものようにラクスル印刷から10~12月のチラシが1500枚完成して届きました。



c0180460_19441934.jpg
表は10月から12月の3回の観察会の日程を紹介しています。冬は夜によく潮が引くため、今年最後の夜の観察会が二回も計画されていますので、ぜひご参加下さい。



c0180460_19441990.jpg
裏は「カーミージーの生きものシリーズ No.12」で、歯舌(しぜつ)を持った一般的な巻貝の紹介(2回目)をしています。ご活用下さい。


c0180460_19443184.jpg
早速、ラミネートをかけ、耐水性を高め、



c0180460_19444847.jpg
ハト目をつけて丈夫にしておきました。




c0180460_19465540.jpg
台風13号の通過後にカーミージーの海の出入り口や



c0180460_19470221.jpg
駐車場などの4カ所に結束バンドで掲示していきました。



c0180460_19473943.jpg
台風13号の強風でこれまでのものが破れたり、痛んでいるところがあるのをガムテープで補強しておきました。



c0180460_19480604.jpg

今年のチラシは今回で最後となり、来年の観察会の予定は11月に計画し、ブログで公開してチラシに印刷したいと思っています。


c0180460_19484030.jpg





by nami-5963 | 2019-09-12 19:40 | 磯遊び | Comments(0)

棘皮動物講座

名護市の東海岸で開かれる美ら海自然教室の棘皮(きょくひ)動物講座にAさんといっしょに出かけました。



c0180460_17453117.jpg
講座は昼からなので、いつものように午前中に出かけてどこかに寄って行くことにしました。
たいていのところには今迄に寄ってきているので場所選びに困りましたが、Aさんも行ったことがないというGODAC(国際海洋環境情報センター)に立ち寄ってみました。



c0180460_17453292.jpg
GODAC(2018.10.15、参照)ではAさんはペーパークラフトで作ったことのあるという「しんかい6500」に興味を示し、



c0180460_17453211.jpg
ダイオウイカの模型の大きさにもびっくりしていましたが、



c0180460_17453225.jpg
私は5年もエサを食べなくとも生きているというオオグソクムシが元気にしているのにビックリ!しました。



c0180460_17471137.jpg
昼食はいつもの食堂「さらばんじ」の生姜焼き定食が安くてボリュウムたっぷりで大満足しましたが、毎度「さらばんじ」の意味を訪ねてもすぐに忘れているので、「絶好調」だということを教えてもらい、きちんとメモをしておきました。



c0180460_17520181.jpg
講座にはふた家族の6人と私たちの2人の参加でしたが、



c0180460_17522993.jpg
観察ノートもありとても分かりやすく丁寧に教えてもらいました。



c0180460_17453209.jpg
棘皮動物とは、棘(きょく、とげ)・皮(かわ)・動物で、トゲのある皮ふ(かわ)を持った動物ということで、ウニやヒトデ、ナマコの仲間のことを詳しく説明をうけ、



c0180460_17535796.jpg
実物も見たり触れたりできてとても分かりやすかったです。



c0180460_17542326.jpg
どの生きものも五角形を基本に持っており、ウニの海藻食、ヒトデの肉食、ナマコの藻食や腐食物食といろいろで、


c0180460_17544721.jpg
オオイカリナマコのイカリ状の骨片はいつ見ても立派だと思いました。


私たちの観察会でもウニやナマコの仲間は「砂や岩の表面についた有機物を食べる海の掃除屋さんだ!」ということを紹介してきましたが、まだ紹介できていないこともあることが分かりました。



c0180460_17554537.jpg
それは管足(かんそく)を持って移動するということで、普段の観察会ではナマコを手で握ったり、ウニを手のひらにのせると管足を出せない状態だったということです。
水中で自由なウニでは裏返しにしていても数秒で管足をたくさん出して元の姿勢に戻ることや

c0180460_17561816.jpg

ニセクロナマコの腹側にはたくさんの管足がありそれで移動したり、小さな寄生貝がついていることで、今後透明プラスチック容器などに入れて観察すると生物観察の幅が広がるのではないかというヒントをもらいました。



c0180460_17582969.jpg
ほかにウニをよく食べる魚はハリセンボン、ゴマモンガラ、モンガラカワハギだ!ということや



c0180460_17584094.jpg
ナマコの持つサポニンが魚には毒で、いっしょに水槽では飼ってはいけない!ということも知りました。



c0180460_17591119.jpg
子どもたちとも交流ができ、とても有意義な講座でした。


ありがとうございました。





by nami-5963 | 2019-09-08 17:40 | 磯遊び | Comments(0)

9月1日の観察会

9月1日の観察会は22名の参加者のみなさんの集まりも早く、スタッフ3名といっしょに



c0180460_13022593.jpg
貝のコマまわしと笛遊びを楽しみ、



c0180460_13022585.jpg
熱心な子供たちを中心に海の危険生物や海でのルールを確認してスタートできました。



c0180460_13022692.jpg
最初に、岸辺にたくさん落ちている巻貝には全部ヤドカリがすみこんでいることが分かってビックリ!



c0180460_13022668.jpg
カタツムリのような角の先に目玉を持つ小さなイソアワモチがたくさん現れてグミのような感触をみんなで確かめ、



c0180460_13022672.jpg
岸辺の岩場にあいた一つ穴はカニの住み家で二つ穴は岩の中に二枚貝が住み込んでいることやこれらの生きものが食事をすることを通じて沖縄のきれいな海づくりに貢献していることを知りました。



c0180460_13022571.jpg
海に入ると七つの突起とかわいい二つの目玉を持つクモガイや



c0180460_13042089.jpg
家の取り合いに負けてしまい裸ん坊になったコモンヤドカリ(左)、



c0180460_13042053.jpg
食べると毒で赤い目をしたケブカガニ、



c0180460_13042064.jpg
どんなものにもしがみつくという意味を持つシガヤーダコ、



c0180460_13071294.jpg
布の折り目のような模様を持つヌノメガイ、



c0180460_13042087.jpg
毒針を持って狩りをする大きなイモガイや死んだ大きな二枚貝のリュウキュウザルボウに出会いました。



c0180460_13042078.jpg
クロナマコやニセクロナマコ、オオイカリナマコにも出合い、感触の違いや毒のあるなしを知り、みんなで砂や泥から栄養を摂り、きれいな砂や泥のウンコをしてきれいな沖縄の海を作る役割を果たしていることを学習していると、



c0180460_13080882.jpg
イカの仲間のアオリイカの卵塊が見つかったというのでみんなで押し掛け、柔らかい袋の中に卵が5~6個詰まっている長い袋が20本ほどあることが分かりました。



c0180460_13084867.jpg
ヤドカリを砂潜りの得意技で待ち伏せ、襲って食べる肉食のカニのソデカラッパが見つかり、何回も砂に潜るかわいいしぐさを楽しむことができました。



c0180460_13091064.jpg
海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_13110592.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、



c0180460_13105987.jpg
「すごい力で引かれた!」「草をとられました!」「これは食べられますか?」「釣りあげられないのですか?」とみなさんとても熱心に楽しんでいると、



c0180460_13110547.jpg
急にスコールがやって来てびしょぬれになってしまいました。



c0180460_13100682.jpg
気を取り直し最後に大きなブロックについたフジツボ、オハグロガキ、カサガイ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて干潮時の今はピシッと殻を閉じて乾燥を防ぎ、満潮時にプランクトンを捕食して生活していることを説明し、



c0180460_13121863.jpg
帰り路で、トゲの鋭いハリセンボンに出会い、愛嬌のあるかわいい姿を楽しみ、



c0180460_13121875.jpg
別のところに産み付けられたアオリイカの卵塊が見つかり、



c0180460_13140584.jpg
完全な戸締りをしない(できない?)夜行性の30cmほどもあるトラフシャコの巣穴などに出合いました。



c0180460_13144183.jpg
2時間の間にいろんな生き物に出合い、「楽しくてまた来たい!」という思い出がいっぱいの観察会を無事に終えることができました。



c0180460_13153176.jpg
みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2019-09-02 09:00 | 磯遊び | Comments(0)