人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

<   2019年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

真夜中の海の散策

この冬初めてのマイナス潮位なので、真夜中の海の散策に二日連続で出かけ、イソギンチャク巡りを楽しんできました。



c0180460_00311893.jpg
初日の海に入ると寝ぼけたハリセンボンにたくさん出会い、水面を照らすとグルクンの幼魚が光に驚いて海から飛び出すシーンを楽しむことができました。



c0180460_00294705.jpg
イソギンチャクDに向かう岩場には手のひらにすっぽり乗る大きさのビッグなイソアワモチに出合いビックリ!



c0180460_00294786.jpg
イソギンチャクDではカクレクマノが2匹元気にしていましたが、ハタゴイソギンチャクのお布団に隠れこんで寝入っていてあまり姿が見られず残念でした。



c0180460_00294668.jpg
そばに生活しているサンゴもポリプを出して食事中でした。



c0180460_00294700.jpg
イソギンチャクFは水面からすがたを出していて、生きものは確認できませんでした。



c0180460_00294788.jpg
そばの岩にはヒメシャコガイが岩にしっかり穿孔(せんこう)して生活していました。



c0180460_00294732.jpg
岩には小さな海藻のフデノホや



c0180460_00333719.jpg
サボテングサの幼体が冬に向けて成長しだしていました。



c0180460_00343581.jpg
イソギンチャクGに向かうと水深があるため、エダサンゴや



c0180460_00343984.jpg
ヘラジカハナヤサイサンゴがたくさん成長していて、折ったり踏みつぶさないように注意しながら歩いていると、



c0180460_00360091.jpg
珍しい大きなサンゴ食のマンジュウヒトデに出合い、



c0180460_00360980.jpg
ヒトデやウニやナマコの棘皮動物(きょくひどうぶつ)の特徴の「五角形」を確認できました。



c0180460_00373234.jpg
また、夜なのでナガウニが岩の表面に出て食事をし、



c0180460_00374098.jpg
危険なトゲを持つ大きなガンガゼも岩から姿を現していました。



c0180460_00381839.jpg
イソギンチャクGでは3匹のカクレクマノが元気にしていましたが、ハタゴイソギンチャクのお布団に隠れこんで寝入っていて残念でした。



c0180460_00392695.jpg
やはり元気いっぱいのぷりぷりの姿は昼間の春までお預けのようです。



c0180460_00395959.jpg
帰路では、大型のウミウシで体表が鮫肌のクモガタウミウシや



c0180460_00404808.jpg
珍しいイシナマコや



c0180460_00405794.jpg
チズナマコに出合いました。



c0180460_00443539.jpg
エビやカニの仲間は満月や新月時に脱皮して成長するそうですが、脱皮したての柔らかいベニツケガニにも出会いました。



c0180460_00405784.jpg
二日目は、海に入るとアオヤガラの若魚に出合い、観察会で「食べれますか?」「どんな味ですか?」とよく聞かれるのにまだ一度も食べたことがないことを思い出し、ゲットすることにしました。

食べてみると白身でとても弾力のあるムチッとした美味しいものでした。



c0180460_00405744.jpg
岩場にはケヤリムシが水中花を咲かせたような鰓冠(さいかん)でエサ採りと呼吸をし、



c0180460_00465251.jpg
ビッグなイソアワモチに2回出会いました。



c0180460_00472936.jpg
イソギンチャクCには去年はカクレクマノミが一匹だけしかいなかったのに、小さい個体が住みついていてうれしくなりました。



c0180460_00481106.jpg
毎年ティラジャー(マガキガイのこと)が採れるところでは小さいものが探し回ってやっと3個見つかっただけで、



c0180460_00481121.jpg
やたら目立つのは毒針を持つ大きいイモガイばかりで、採りすぎでこの海ではティラジャーは絶滅しそうでした。



c0180460_00485028.jpg
ずっと成長を見守ってきたシャコガイの仲間の大きなシャゴウは元気に成長してくれていて一安心しました。



c0180460_00490637.jpg
名前が分からない緑の海藻や



c0180460_00492611.jpg
エダサンゴや



c0180460_00494986.jpg
ポリプを出して食事中のサンゴ、



c0180460_00501542.jpg
食事中の白いナガウニ、



c0180460_00504396.jpg
カニの赤ちゃん、



c0180460_00512420.jpg
濃い緑色のカイメン、



c0180460_00523193.jpg
薄緑色の蛍光色に光るタコなどに出合いました。




夜の海はみなさん自分の獲物を求め、食事に専念してとても忙しそうにしていました。



c0180460_01012798.jpg
ちょっと疲れたものの冬の星座や冬のダイヤモンドも楽しめた夜の海歩きでした。



by nami-5963 | 2019-11-30 19:27 | 磯遊び | Comments(0)

11月23日の観察会

11月23日の観察会は季節外れの台風27号の沖縄接近で当日の朝まで大雨警報が出ていて開催が危ぶまれました。

急に寒くなったこともあり、キャンセルが11人もありましたが、だんだん天気も回復し、夜にはなんとか観察会ができることになりました。



c0180460_01104695.jpg
夜の観察会は4月以来で、夜の十時までに参加者17名とスタッフ5名が集まり、貝のコマまわしとタカラガイの笛遊びを楽しむことができました。


c0180460_01104601.jpg
それに、今回は「観察会参加者数4000人突破記念の日」に当たり、4000人目のKさんをみんなで拍手でお祝いし、記念品(2019.11.19、参照)を受け取ってもらいました。




c0180460_01104729.jpg
その後はいつものように海での約束事や注意事項をお話して海に向かい、



c0180460_01104761.jpg
最初に、昼間では見かけないカサガイが2匹仲良くエサを食べに移動してきているのに出会い、「食べられるのか?」「おいしいのか?」と話題が弾みました。



c0180460_02032937.jpg
また、岸辺にたくさん落ちている巻貝には全部ヤドカリがすみこんでいることが分かってビックリ!



c0180460_01195361.jpg
次にカタツムリのような角の先に目玉を持つイソアワモチが現れてグミのような感触をみんなで確かめ、



c0180460_01420247.jpg
岸辺の岩場にあいた一つ穴はカニの住み家で二つ穴は岩の中に二枚貝が住み込んでいることを知り、これらの生きものが食事をすることを通じて沖縄のきれいな海づくりに貢献していることを知りました。



c0180460_01220846.jpg
海に入るとぐっすり寝込んだハゼの仲間が横たわっていたり、



c0180460_01223499.jpg
寝ぼけたハリセンボンがたくさん現れ、愛嬌のある表情にみなさんとても興味深そうに観察し、写真をたくさん撮っていました。



c0180460_01225476.jpg
ナマコの仲間は最初、右からクロナマコやニセクロナマコ、珍しいチズナマコに出合い、



c0180460_01290871.jpg
その後オオイカリナマコや



c0180460_01461901.jpg
クリイロナマコにも出合い、感触の違いや毒のあるなしを知り、みんなで砂や泥から栄養を摂り、きれいな砂や泥のウンコをしてきれいな沖縄の海を作る役割を果たす海の掃除屋さんだ!というということを学習しました。



c0180460_01472177.jpg
海草藻場には毒針を持つ危険で大きなイモガイがいたり、



c0180460_01472841.jpg
赤い体に小さな黒色で縁取りされた白い斑点模様を持つコモンヤドカリ、



c0180460_01481906.jpg
岩場ではゴカイの仲間で、水中花が咲いたようなケヤリムシや



c0180460_01501349.jpg
岩の下にはガラスの針のような毒針をたくさん持つゴカイの仲間のウミケムシや



c0180460_01505273.jpg
岩のくぼみに4匹のハゼの幼魚が寝ていたり、水面を懐中電灯で照らすとグルクンの幼魚が光に驚き、たくさん水面から飛び跳ねる様子を見ることができました。



c0180460_01531029.jpg
ヤドカリを砂潜りの名人技で待ち伏せ、襲って食べる肉食のカニのソデカラッパが見つかり、砂に潜るかわいいしぐさも楽しむことができましたし、



c0180460_01523107.jpg
七つの突起とかわいい二つの目玉を持つクモガイも現れ、「きれいな貝ですね!」「この貝おいしいですか?」と会話も弾みました。




みんなが一斉に懐中電灯の明かりを消し、足元の海草藻場をかき回すとピカピカと青白く光る夜光虫とぼおっ~と長時間輝くウミホタルの世界をみなさん初めて体験し、「きれい~!」「こんなの見たの初めて!」と興奮しながらとても楽しんでいました。



c0180460_01543610.jpg
また、海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、



c0180460_02131001.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、




c0180460_01555417.jpg
「すごい力で引かれた!」「草をとられました!」「これは食べられますか?」「釣りあげられないのですか?」とみなさんとても熱心に楽しむことができました。



c0180460_11470859.jpg
冬になるとどこからともなく現れるぼろほろの古靴のようなイメージのタツナミガイのペアーに出合い、



c0180460_11411001.jpg
体内に隠し持った「立浪型の貝殻」を指で探すと怒って紫色の毒々しい汁を出されてみんなで悲鳴を上げる場面もありました。



c0180460_01572133.jpg


最後に大きなブロックについたフジツボ、オハグロガキ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて干潮時の今はピシッと殻を閉じて乾燥を防ぎ、満潮時になるとプランクトンや藻類を食べて生活し、ここでもきれいな海づくりに貢献していることを知りました。




「楽しかった!」「また来たい!」との感想を語ってくれた真夜中の観察会を無事に終えることができました。


みなさん、お疲れさまでした。


c0180460_01581730.jpg









by nami-5963 | 2019-11-24 21:00 | 磯遊び | Comments(0)

今度の11月23日の観察会で参加者数が4000人を突破するため、お祝いの記念品や賞状の準備をしました。



c0180460_15231205.jpg
11月のゆんたく広場(2019.11.2、参照)で決定したように、お祝いの記念品はカーミージーの海で採集したタカラガイ(宝貝)で、
①キイロダカラ(黄色宝)、②ハナビラダカラ(花弁宝)、③コゲチドリダカラ(焦千鳥宝)、④ウキダカラ(浮宝)⑤サメダカラ(鮫宝)、⑥ナツメモドキ(擬棗宝)、⑦ハナマルユキ(花丸雪)、⑧ヤナギシボリダカラ(柳絞宝)、⑨クチムラサキダカラ(口紫宝)、⑩コモンダカラ(小紋宝)、⑪ホシキヌタ(星砧)、⑫ヤクシマダカラ(屋久島宝)の12種類です。



c0180460_15242270.jpg
最初、タカラガイを入れる箱はお菓子の入っていた紙箱の予定でしたが、Aさんが「木箱のいいのがある!」と提供してくれました。



c0180460_15242280.jpg
ラベルに名前を書き込み、木箱に張り付け、



c0180460_15242261.jpg
木箱にも「カーミージーの海の宝貝(12種類)」「観察会参加者4000人記念 2019年11月23日 カーミージーの海で遊び隊」の文字入れをし、これで宝貝の準備はOK!



c0180460_15242329.jpg
賞状は「感謝状」としました。



c0180460_15271445.jpg
あとは「カーミージーの生きものシリーズ」のタカラガイの二枚をラミネートし、使いやすいミニ図鑑として付録にしました。




これですべての準備が整いましたので、11月23日の夜のお天気を祈るばかりで~す。






by nami-5963 | 2019-11-19 15:14 | 磯遊び | Comments(0)

慰霊の塔の石材観察会

「おきなわ石の会」で糸満市の平和祈念公園にある各都道府県の慰霊の塔の石材観察会があり、「こんな観点から平和祈念公園に出向くのはとてもおもしろい!」と言うAさんといっしょに出かけました。わたしは9年前にあった同じ観察会(2010.10.2、参照)の自分のブログにも目を通して出かけました。



c0180460_06061920.jpg
朝の10時までに42名の熱心な地質ファンが集まり


c0180460_11245091.jpg
「優れものの岩石鑑定表」をもらってスタートしましたが、
熱心な会長さんが詳しい解説をし出したのは道路の両脇に装飾的に配置された白い球形の石の塊でした。



c0180460_06061914.jpg
「白い岩の中にたくさんの大きな粒の結晶ばかりが見られるので、火山由来の火成岩の中の深成岩ということになり、その鉱物に黒い黒雲母が入っていることから花崗岩(かこうがん)だ!と言うことになります。」という詳しい説明を受け、出発前のトイレ休憩となりました。



c0180460_06062002.jpg
Aさんといっしょにトイレに行くと、今説明のあった花崗岩の少し黒っぽいものが目の前にあり、



c0180460_06062032.jpg
別の壁に赤っぽいカリ長石(ちょうせき)が多く入った花崗岩もあって、いい勉強なるトイレだ!と笑ってしまいました。



c0180460_06062055.jpg
最初に訪れたのは、毎年6/23の「慰霊の日」に平和祈念式典の行われる「平和の丘」のモニュメントで、「平和の丘」と刻まれた岩は、久米島産の「畳石」と同じ安山岩(あんざんがん、アンデス山脈を作る岩)ということで、柱状節理の六角形の一部が見られました。



c0180460_06083092.jpg
白黒のドーナツ状のモニュメントは、白い部分は琉球石灰岩でとても汚れやすく、黒い部分は黒っぽい鉱物が多く含まれることから斑糲岩(はんれいがん)か橄欖岩(かんらんがん)だということでした。



c0180460_06083064.jpg
沖縄戦時の島田知事や県職員の命を犠牲にした県民を守る努力に敬意を表し、慰霊するための「島守の塔」では全員で黙とうを捧げました。

この「島守の塔」の文字を刻印した岩は、濃い緑色の細長い角閃石(かくせんせき)の結晶が目立つので、角閃石安山岩(かくせんせきあんざんがん)という説明がありました。



c0180460_06083021.jpg
青森県のリンゴのモニュメントの白い部分は琉球石灰岩で、四角い文字盤は花崗岩でした。



c0180460_06083088.jpg
岡山県は日本でも花崗岩の一大産地で有名なだけに「おかやま」の文字盤はピンク色のカリ長石の入った上質な「桜御影(さくらみかげ、みかげは兵庫県の御影市のことで、花崗岩の産地として有名なことからついた石材名)」が使用されていました。



c0180460_06083111.jpg
慰霊の塔の方の両手を合掌したような形のものはコンクリート製で、その中に納まったブロックは白御影(白い花崗岩)でした。



c0180460_06112096.jpg
みなさんとても熱心で、メモをしっかり取ったり、岩を虫眼鏡で観察したり、会長の説明をビデオで全部記録している方もおられました。



c0180460_06115132.jpg
次に訪れた千葉県名の文字を刻んだ岩は、花崗岩と同じ石英、長石、黒雲母でできているものの粒の大きさがとても大きく成長した巨晶花崗岩(きょしょうかこうがん、ペグマタイトともいう)という珍しいもので、



c0180460_06122848.jpg
大きな慰霊の塔に使われている赤い石は、



c0180460_06122872.jpg
赤いカリ長石がたくさん入った中近東産の花崗岩だということでした。



c0180460_06122807.jpg
愛媛県の慰霊碑は土台の緑色の岩が、地殻変動の圧力と熱で最初の岩とは違ったものになった変成岩で、結晶片岩(伊予の青石ともいわれる)というもので、



c0180460_06122851.jpg
「愛媛の塔」の文字を刻んだ岩は、ピンク色のカリ長石を含む花崗岩でした。



c0180460_06141652.jpg
「神奈川の塔」の文字を刻んだ岩は、安山岩で、上に乗った四角い岩が花崗岩、左の白い岩は大理石という説明でした。



c0180460_06144992.jpg
Aさんの家があった群馬県の「群馬の塔」は中央に二本立っているのが三波石(さんばいし)といわれる変成岩の結晶片岩で、その前には真っ黒な浅間山の噴火で流れ出た溶岩(浅間石と呼ばれる)があり、それらが琉球石灰岩の小山に乗っかっているようで、



c0180460_06154285.jpg
その前には地元で多胡岩(たこいわ)と呼ばれる砂岩(さがん)でできた献花台が設置されていました。



c0180460_06161103.jpg
「秋田県」の文字を刻んだ岩は、斑糲岩だそうで、



c0180460_06165550.jpg
最後に訪れた愛知県の「愛国知祖の塔」の文字を刻んだ7mもあろうかというラグビーボールを半分に切ったような白っぽい岩は粒子の細かい花崗岩で、



c0180460_06165558.jpg
マグマが上昇してくるときに周りの岩石を取り込んだ捕獲岩(ほかくがん)の部分があることもわかりました。



今回の観察会は前回の半分も回り切れていませんでしたが、各府県ともに故郷の有名な岩石を用いつつ、沖縄で手に入りやすい琉球石灰岩や全国の石材店で入手しやすい花崗岩(御影石)が多用されていることがよく分かりました。



c0180460_06185391.jpg
今回は時間的にここでいったん終了し、あと何回か継続した観察会を持つということで、質疑応答の時間がありました。



c0180460_06192061.jpg
私の方から、「平和の丘」の白黒のドーナツ状のモニュメントの黒い部分は斑糲岩か橄欖岩だという今日の説明があったが、9年前は「人造石」という説明だった。この間にいろんな調査で分かったことがあったのかどうか教えてほしいとの質問に、黒い部分や「平和の礎」などの岩石の組織を詳しく調べ直してみると「人造石」ではなく、自然界の岩石だという判断に至ったとの説明を受け、ガッテン!でした。



c0180460_06210616.jpg
帰り道で、今回触れられなかった「栃木の塔」の岩をAさんと判定してみました。

岩を作る粒は結晶ではなく、すべて角が丸くなっているので、マグマ由来の火成岩ではない!変成岩のような褶曲模様や再結晶している様子も見られないので、土砂が積もってできた堆積岩(たいせきがん)である。粒が細かい泥や粒の荒い小石でもないので、砂粒でできた砂岩だろう!という結論になりました。




いろいろと石のことが学べて楽しい観察会になりました。



c0180460_06170661.jpg
Aさんといっしょに公園内の東屋でローソンの美味しいおにぎりを食べた後、韓国人慰霊塔を訪問し、とても立派な結晶片岩を見学し、



c0180460_06222143.jpg
丘の上に立つ白く立派な「沖縄平和祈念堂」の裏手にある「美ら蝶園」を訪ねました。



c0180460_06224930.jpg
優雅に飛び交うオオゴマダラの成蝶の姿に平和な時の流れを感じ、しばらく見惚れてしまい、



c0180460_06225681.jpg
しきりに体を葉の裏に回して産卵をする様子も楽しむことができました。



c0180460_06240968.jpg
そんなこんなでいろんなことを楽しめた一日でした。

みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2019-11-10 08:01 | 沖縄の不思議 | Comments(0)

ゆんたく広場

久しぶりの「カーミージーの海で遊び隊」の「ゆんたく広場」はAさんといろんな作業をする予定でしたが、世間話はもっぱら首里城の火災のことになりました。



c0180460_21545018.jpg
沖縄が世界に誇る歴史的・文化的世界遺産が焼失したことに愕然とするとともに、途方もない喪失感に襲われたのは県民すべてでした。総理大臣や官房長官は「全力で復興に協力する!」と言っていましたが、辺野古の埋め立て工事の費用を回せばすぐにできるのに!ということも沖縄県民の総意なんですが・・・



c0180460_21554251.jpg
作業の一つ目は、次の11月23日の観察会で参加者が4000名を突破するので、それをお祝いする記念品や賞状づくりについてです。

前回の3000人記念の時は大きなホシダカラと大きなイモガイ(アンボンクロザメ)のセットをプレゼント(2018.7.30、参照)しましたが、今回は今まで収集していたカーミージーの海のタカラガイをお菓子のあきケースに12種類を詰め合わせ、説明をつけてプレゼントすることになりました。



c0180460_22153161.jpg
二つ目は、日程の検討・決定で、来年の最初のチラシを12月の初めに注文し、12月25日に配布して回り、


c0180460_22153850.jpg
12月18日に忘年会・総会を開催することになりました。



c0180460_21542970.jpg
三つめは、2020年度の観察会日程表が出来上がったので、パンフレットの600部に織り込んでいきました。



c0180460_21552335.jpg
奥さんも参加してくれ、思ったより短時間で終了できました。



c0180460_21553768.jpg
その勢いに乗って、「カーミージーの生きものシリーズ」(9枚セット)に新しいチラシの3枚を加えて、12枚セットにしたものを30部作ることができました。これはちょっとした図鑑になるので、嬉しくもあり、みなさんにもらってもらえたら、と思っていま~す。



みなさん、お疲れさまでした。





by nami-5963 | 2019-11-02 21:00 | 磯遊び | Comments(0)