沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

カーミージーの湧き水

カーミージーにもたくさんの湧き水のわく場所があることをAさんといっしょに調べてきましたが、



c0180460_00090586.jpg

湧き水funクラブの4月の定例会でそれらを案内することになりました。



c0180460_00085827.jpg

湧き水funクラブのメンバーだけでなく、琉大の水環境プロジェクト2017.6.12、参照)の安本先生のチームのメンバーもたくさんの調査道具を持ち込んで参加してくれました。



c0180460_00091414.jpg

カーミージーの岩場の方に出て、このあたり一帯は12万年前に堆積した琉球石灰岩の中の牧港石灰岩(粟石、あわいし)でできており、柔らかいのでノッチや甌穴(おうけつ、ポットホール)という自然の浸食地形ができ、大正から昭和の初期にかけて石材を切り出した石切り場跡があることを紹介しました。



c0180460_00092882.jpg


また、粟石が小さな穴がたくさん開いた多孔質なため雨水がしみこみやすく、湧き水が至る所に湧いていることを説明すると、

c0180460_00093532.jpg

早速、精密測定器で、水温、塩分濃度などを測ってくれ、私たちが「他より冷たくて、冬が旬の海藻がまだよく茂っている!」という湧き水があるという状況証拠を客観的に裏付けて下さいました。


c0180460_00161658.jpg

反対側の岩場に回っても同じことが確認できましたが、折角なので、岩に着いたフジツボ、オハグロガキ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて、潮が満ちると食事に専念し、きれいな海を作ってくれていることも紹介し、岩を起こすとアメフラシの卵塊のウミソーメンがたくさん産みつけられていてビックリ!


c0180460_00293350.jpg
カーミージーで一番危険なところに着き、岩に着いたたくさんの二枚貝のヘリトリアオリガイや岩の中にすんでいるたくさんの二枚貝たちが沖縄のきれいな海を作っていることにも触れました。




c0180460_00323949.jpg

新しくできた道路の土台部分に湧く湧き水も以前は塩分濃度の薄いところにすむ海藻のコアマモの群落を形成していたが、



c0180460_00325982.jpg

工事で全滅してしまったことも説明しました。



c0180460_00395115.jpg

その海に今はイシヨウジのファミリーが7匹も仲良く集団生活をしていることにも触れ、あと、キャンプキンザーの方には、石切り場と湧き水によってできた浸食溝がたくさんあることを紹介して湧き水案内を終了しました。



c0180460_00404677.jpg

私たちは明日の観察会の下見を継続しましたが、みんなが期待するモズクはさっぱり見当足らずで残念でした。


海藻の陰に仲良しのハリセンボンのご夫婦がひっそりと暮らしていたり、



c0180460_00421410.jpg

初夏が旬の「モンブラン」のウンコの山を築くタマシキゴカイの青いどろどろとした卵塊(卵のう)が砂地の海底にいっぱい姿を現しているのにビックリ!!



c0180460_00415675.jpg

明日の観察会が楽しみで~す。











# by nami-5963 | 2018-04-16 22:07 | 磯遊び | Comments(0)

ゆんたく広場

今年からひと月に2回以上の観察会を行うようになったので、「ゆんたく広場」は不定期にしていましたが、先日一回目の会合を持ちました。




内容は、今年の小学新一年生の入学祝の準備をしました。




私たちは浦添市内の義務教育の児童・生徒の1万5千人に「カーミージーの海の生きものたち」のパンフレットをプレゼントしてきましたが、それ以来、毎年パンフレットを新一年生に配布してきて、今年で5年目になります。

今年の新入生は市内11校で1400人ほどですか、少しずつ余分を入れて1500部のパンフレットを用意しました。



c0180460_09554785.jpg
折り込みチラシは表に入学のお祝いの言葉と合わせて観察会の日程の紹介とお誘いをしています。



c0180460_09562899.jpg
今年は裏面に「たいようのえくぼ」さんに協力してできたかわいいイラストを無料で使わせてもらい、素晴らしい入学祝となりました。



c0180460_09565939.jpg
折り込み作業は3人でスタートしましたが、あとで一人が加わってくれ1500部のパンフレットの用意ができました。



c0180460_09575757.jpg
その後は「タカラガイ」についてユンタクして別れました。




プレゼントはあと包装紙を買い求め、各校への配布依頼書をセットにして来週ぐらいに教育委員会に持ち込み、各校に配布してもらうことになっています。



c0180460_09584971.jpg
新入生のみなさんもう少しお待ち下さ~い。






# by nami-5963 | 2018-04-08 09:43 | 磯遊び | Comments(0)

沖国大生の卒論支援

先日カーミージーの海のイソギンチャクと共生生物のようすを案内した(2018.3.3、参照)沖国大生のKさんから卒論支援の要請があり、そのことをカーミージーの遊び隊のみなさんにも知らせるとAさんは水曜以外ならお手伝いできますよ!と言ってくれ、Mさんは隊長が大学生の卒論を支援するなんてとても誇りに思います!とのコメントを寄せてくれました。




そんな中、Kさんと初会合をし、毎月二回の大潮の最干潮時に「イソギンチャクと共生生物のようすを調査・記録」して卒論にするためのガイド役をする年間計画を立てました。



c0180460_15252388.jpg
打ち合わせを済ませた後、早速一回目の調査に出かけました。



c0180460_15260278.jpg
海に入るとハリセンボンが出迎えてくれましたが、どうやらこの近辺でご夫婦仲良く生活しているようでした。



c0180460_15263594.jpg
砂地を歩いていると肉食の貝のホウシュノタマが獲物を探してはい回っている姿や



c0180460_07283504.jpg
ホウシュノタマの卵塊の砂茶わんに出会いました。



c0180460_15270389.jpg
岩を起こすとシガヤーダコがいて足を一本自切したので、初めての「タコの踊り食い」を体験してもらい「おいしい!」の感想を頂きました。



c0180460_15274237.jpg
前回、水深があるので紹介できなかったカクレクマノミが3匹住みついているイソギンチャクに腰まで水につかりながら案内すると、3匹が元気よく出迎えてくれました。



c0180460_15282059.jpg
イソギンチャクの大きさと水深を記録し、どんな共生生物がいるかを記録していきました。



c0180460_15285306.jpg
今日が初めてなので少し時間がかかりましたが、7か所のイソギンチャクをすべて回って記録しました。



c0180460_15291606.jpg
前回の時には共生生物の姿がなかったのにイソギンチャクエビが住みついていたり、


c0180460_15302296.jpg
イソギンチャクエビが日焼けして黒くなり、一回り大きく成長しているなどの変化も見られました。



c0180460_07270852.jpg
3時間の調査を終えると潮が満ちだしてきたので、沈船の見学はお預けとなりました。





# by nami-5963 | 2018-04-05 15:15 | 磯遊び | Comments(0)
昨日の海の散策中に外洋の方に難破船を見つけましたが、


c0180460_07174272.jpg
潮が満ちてきたので海から上がりました。



c0180460_07171906.jpg
奥さんに話をすると興味を示すので、いつものウォーキングを今日はカーミージーの海に切り替えました。



c0180460_07185228.jpg
海に入るとハリセンボンが出迎えてくれましたが、そばの海藻にもう一匹が隠れていたのですぐに逃がしてやりました。



c0180460_07192849.jpg
イソギンチャクの一つをのぞくとイソギンチャクエビとイソギンチャクモエビが一緒に生活していました。



c0180460_07194624.jpg
岩をめくるとハナビラダカラ(左上)とたくさんのキイロダカラに出合いました。



c0180460_07203181.jpg
貝の放牧場に置いていたジャコウをだいぶ時間をかけて捜すと、以前いたところから3mも移動していてビックリ!



c0180460_07212074.jpg
難破船に近づいてみるとどうやらヨットが座礁して船底が岩に食い込み大きくえぐられていましたし、



c0180460_07215670.jpg
マストもぽっきり通れていました。



c0180460_07223167.jpg
船内の備品やいろんなものが壊れてそこら中に散らばっていて大変な状態でした。



c0180460_07270852.jpg
片づけはどうするのだろう?乗っていた人は助かったのだろうか?といろんなことが気にかかりながら帰路に着きました。



c0180460_07234128.jpg
すると奥さんが新しくジャコウを見つけてビックリ!帰り道のイソギンチャクのそばで生育を見守ることにしました。



c0180460_07241492.jpg
他にもゆみさんの大好きなアオヒトデ、



c0180460_07272523.jpg
まだ7本のとげのないヤングなクモガイ、



c0180460_07283504.jpg
タマガイの卵塊の砂茶わん、



c0180460_07290951.jpg
たくさんの新鮮なゴカイのウンコの山、



c0180460_07294267.jpg
イモガイの生みたてのピンク色の卵の袋(卵のう)、



c0180460_07352189.jpg
砂潜りの名人のソデカラッパなどに出会い、楽しいウォーキングとなりました。





# by nami-5963 | 2018-04-04 07:15 | 磯遊び | Comments(0)

4月1日の観察会

4月1日の観察会当日はカンカン照りの好天に恵まれ、西海岸道路の開通後の日曜日でもあり、たくさんの人が押し寄せ大変な人出でした。



c0180460_00142848.jpg
駐車場の確保のために1時間前から隊員のみなさんも5名駆けつけて下さり、参加者25名の受付が無事完了!



c0180460_00155360.jpg
いつものように危険生物の説明や注意事項のあと、海に向かいますが信号を2つもわたるのに時間のかかること。



c0180460_00163017.jpg
きれいに整備された階段を降りると岩にたくさんくっついて生活する二枚貝のヘリトリアオリガイや巻貝のゴマフニナに出合い、生きものの多さにビックリ!



c0180460_00171087.jpg
海に入ってみると、海底に転がっている巻貝はみんなヤドカリが住みついているとわかってさらにビックリ!!



c0180460_00175520.jpg
岩の間に、つまようじのような魚のヨウジウオのご夫婦が仲良く住んでいるのを見学しましたが、この辺りは湧き水が湧き出していて少し冷たかったのが、少し移動すると沖縄の温かい海になりました。



c0180460_00182728.jpg
ここで毒針を持つという大きなイモガイに出合いビックリ!していると、



c0180460_00190586.jpg
若いハリセンボンが現れみんなで観察していると



c0180460_00193062.jpg
もう一匹現れみなさん大喜びでした。



c0180460_00200260.jpg
続いてクロナマコがたくさん出てきて触っていると紫色の汁を出し、食べにくる敵に嫌がらせ攻撃をすることを学んでいると大きなシガヤーダコ(なんにでもしがみつくという意味)があらわれ、みんなで触れあっていると自分から足を一本切り落とし(自切!)ものをみんなで少しずつちぎって「踊り食い」体験をしました。


モズクも少し見つかったのをみんなで少しずつ分け分けして食べたのも貴重な体験でした。



c0180460_00203328.jpg
カニのソデカラッパの砂潜りの名人技はヤドカリを待ち伏せて食べるための必殺技だということを知り、





c0180460_00215362.jpg
穴に隠れたトゲアナエビ釣りをみんなで楽しみました。


c0180460_00251936.jpg
こんな遊びができるなんてとても贅沢な素晴らしい自然が残っていることに感謝で~す。



c0180460_00224804.jpg
水中に花が咲いたようなゴカイの仲間のケヤリムシを見学し、宝貝のキイロダカラが見つかり「貝」の漢字の起源まで解説してもらいました。



c0180460_00232455.jpg
大きなブロックに着いた生き物はみんな生きていて潮が満ちるとエサをとり、きれいな沖縄の海づくりに貢献していることもわかりました。



c0180460_00272823.jpg
最後に危険な場所を紹介し、「とても楽しかった!」観察会を無事に終えることができました。



c0180460_00281697.jpg
みなさんお疲れさまでした。


c0180460_00285391.jpg









# by nami-5963 | 2018-04-02 00:13 | 磯遊び | Comments(0)