人気ブログランキング |

沖縄の不思議の世界を紹介します


by nami-5963

日食の観測

今年最後の日食が12月26日の午後14時過ぎから16時40分にかけて観測することができました。



日食の観測_c0180460_00190118.jpg
「我が家のベランダで見よう!」とゆみさんに声をかけると、ママといっしょに遅い昼食のお弁当を持ってやってきました。



日食の観測_c0180460_00190130.jpg
雲がかかって見えないこともありましたが、



日食の観測_c0180460_00190138.jpg
ばあちゃんもいっしょに親子三代の「日食観測」となりました。



日食の観測_c0180460_00200494.jpg
日食は太陽と地球の間に月がいる時におこる現象で、



日食の観測_c0180460_00211405.jpg
地球上の場所によって金環食や皆既日食、部分日食となり、



日食の観測_c0180460_00214190.jpg
今回は日本では沖縄が一番の好条件のようでした。



日食の観測_c0180460_00221713.jpg
最初は雲がいっぱいでしたが、時々薄くなった雲の隙間から太陽の右下の方からかけ始め、



日食の観測_c0180460_00224159.jpg
下の方に欠けた部分が移動しながらかけた部分が大きくなっていき、



日食の観測_c0180460_00224841.jpg
一番太陽が欠けたのは15時27分過ぎで47%ぐらいになったそうでした。



日食の観測_c0180460_00274599.jpg
その後も左上の方に欠けた部分が移動しながらかけた部分も小さくなり、日食も終わりました。



日食の観測_c0180460_00224847.jpg
雲から太陽が出た時には、以前作った「にっしょく」


日食の観測_c0180460_00224950.jpg
2016.3.9にっしょく」(2016.3.9、参照)のピンホールの板越しに日食の投影を楽しむこともできました。



日食の観測_c0180460_00295664.jpg
翌日の新聞には石垣島のきれいな日食のようすが紹介されていました。

来年の日食は6月の予定だそうで、とても楽しみで~す。




# by nami-5963 | 2019-12-27 21:16 | 宇宙・天体 | Comments(0)

来年の2~5月のチラシとパンフレットを今年最後の活動として、Aさんといっしょに配布して回りました。



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01194858.jpg
チラシの表面は2~5月の6回の観察会を案内し、


2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01194791.jpg

裏面は「年間計画」や駐車場・集合場所などの案内となっていますので、みなさんご活用下さい。




チラシやパンフレットを置いて頂いているところを紹介しますと、


2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01275419.jpg

カーミージーの海の出入り口(4か所)のフェンス、隠れ家喫茶・清ちゃん、浦添市立歴史にふれる館、NEOSU、コープ牧港店、宜野湾市立博物館、浦添市役所玄関ロビー、市長室・秘書課、市環境保全課、浦添市立中央公民館、浦添市立図書館、緑ヶ丘自治会館、伊祖自治会館、港川小学校、パーラー幸、環境省・漫湖・水鳥湿地センター、県立図書館、那覇市立ほしぞら公民館、県立博物館・美術館、泡瀬・ウミエラ館、海洋博研修センター


となっています。




今回、配布して回って得た情報などを紹介しますと、



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01245785.jpg
「清ちゃん」の看板が新しくなっていて、そばに冬の今が旬の「ツワブキ」の黄色い花がきれいに咲き誇っていました。



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01251905.jpg
浦添市立歴史にふれる館では、「うらそえ西海岸の近代集落とくらし」展が開催されていて、昔懐かしいものが展示されていたり、



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01252621.jpg
カーミージーの粟石の採石場のようすも再現されていて、とても勉強になりました。



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01242063.jpg
豊見城市の漫湖水鳥・湿地センターでは河川に生息する「カワヨウジ」の展示がされていましたが、生体はカーミージーの海のヨウジウオとほとんど同じなのにはビックリ!でした。



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01223055.jpg
那覇市のほしぞら公民館では、「ブラック星博士の沖縄遠征」の案内があったり、



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01223005.jpg
「プラネタリウム幼児向け無料投影会~ほしぞらあそび~」が開催されているようですので、みなさんご参加下さい。



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01223130.jpg
県立博物館・美術館では「グスク・ぐすく・城」展が開催中ですので、みなさん訪れてみて下さ~い!



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01194792.jpg
海洋博研修センターではお正月に向けて県立博物館・美術館で「沖縄のこども凧展示会」や



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01194816.jpg
「凧作りワークショップ」が開催されますので、みなさん参加してみて下さ~い!



2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01222112.jpg
また、「ウミヘビの謎」講座がありますので、Aさんといっしょに参加しようということで、楽しみにしています。




今年一年間、みなさまには大変お世話になりありがとうございました。

良いお年をお迎え頂き、来年もよろしくお願いいたします。


2~5月のチラシ・パンフの配布_c0180460_01271163.jpg



# by nami-5963 | 2019-12-26 08:16 | 磯遊び | Comments(0)

12月21日の観察会

12月21日の観察会は一週間前から雨の天気予報が出ていましたが、土曜の午前中にしっかり雨が降り、午後からはだんだん天気も回復し、夜にはなんとか観察会ができることになりました。



12月21日の観察会_c0180460_16462475.jpg
夜の9時までに参加者22名とスタッフ5名が集まり、貝のコマまわしとタカラガイの笛遊びをみなさんが熱心に楽しむことができました。



12月21日の観察会_c0180460_16462413.jpg
その後はいつものように海での約束事や注意事項をお話して海に向かい、



12月21日の観察会_c0180460_16462467.jpg
最初に、岸辺にたくさん落ちている巻貝には全部ヤドカリがすみこんでいることが分かってビックリ!



12月21日の観察会_c0180460_16462338.jpg
次にカタツムリのような角の先に目玉を持つイソアワモチが現れてグミのような感触をみんなで確かめ、



12月21日の観察会_c0180460_16495092.jpg
岸辺の岩場にあいた一つ穴はカニの住み家で二つ穴は岩の中に二枚貝が住み込んでいることを知り、これらの生きものが食事をすることを通じて沖縄のきれいな海づくりに貢献していることを知りました。


12月21日の観察会_c0180460_00344989.jpg
岩肌にはアーサ(ヒトエグサのこと)が成長して緑一色になろうとしていますし、岩の上には毒針を持ちゴカイ食のマダライモも食事のために姿を現していました。



12月21日の観察会_c0180460_17192980.jpg
岸辺には一本の触覚を左右に振りながら魚の死骸などを探してたくさんの仲間で夜のうちに食べ尽していつも海をきれいにしてくれている巻貝のイボヨフバイがいたり、水面を懐中電灯で照らすとグルクンの幼魚が光に驚き、たくさん水面から飛び跳ねる様子を見ることができました。


12月21日の観察会_c0180460_16580540.jpg

寝ぼけたハリセンボンがたくさん現れ、愛嬌のある表情にみなさんとても興味深そうに観察し、写真をたくさん撮っていました。



12月21日の観察会_c0180460_16595721.jpg
ナマコの仲間は、左からクロナマコ、ニセクロナマコ、フタスジナマコ、チズナマコとザルの中のオオイカリナマコに出合い、感触の違いや毒のあるなしを知り、みんなで砂や泥から栄養を摂り、きれいな砂や泥のウンコをしてきれいな沖縄の海を作る役割を果たす海の掃除屋さんだ!というということを学習しました。



12月21日の観察会_c0180460_00331902.jpg
海草藻場には毒針を持つ危険で大きなイモガイがいたり、



12月21日の観察会_c0180460_17013083.jpg
ヤドカリを砂潜りの名人技で待ち伏せ、襲って食べる肉食のカニのソデカラッパが見つかり、砂に潜るかわいいしぐさも楽しむことができましたし、



12月21日の観察会_c0180460_17094879.jpg
冬になるとどこからともなく現れるぼろぼろの古靴のようなイメージのタツナミガイに出合い、



12月21日の観察会_c0180460_17144834.jpg
体内に隠し持った「立浪型の貝殻」を指で探すと怒って紫色の毒々しい汁を出されてみんなで悲鳴を上げる場面もありました。



12月21日の観察会_c0180460_17130428.jpg
七つの突起とかわいい二つの目玉を持つクモガイも現れ、「きれいな貝ですね!」「この貝おいしいですか?」と会話も弾み、



12月21日の観察会_c0180460_17121672.jpg
右上の卵塊の「砂茶わん」と左上の生みの親の肉食のタマガイ類のホウシュノタマと食べられたときに開けられた穴のあいた二枚貝たち!や



12月21日の観察会_c0180460_17101997.jpg
大型できれいな網目模様を持ったタカラガイのヤクシマダカラ(屋久島宝)、



12月21日の観察会_c0180460_17115056.jpg
フグと同じ猛毒を持ち甲羅がすべすべのスベスベマンジュウガニ、



12月21日の観察会_c0180460_17104389.jpg
獰猛な肉食で泳ぐのがとても上手なカニのベニツケガニ、



12月21日の観察会_c0180460_17041233.jpg
岩に穴をあけて住み込んだヒメシャコガイ、



12月21日の観察会_c0180460_17063876.jpg
海草に産み付けられたタツナミガイの卵塊の「ウミソーメン」(左)と「砂茶わん」、



12月21日の観察会_c0180460_17074539.jpg
大きな爪をパチンパチンと打ち鳴らして敵を威嚇するテッポウエビ(左)、



12月21日の観察会_c0180460_17020380.jpg
海底に半分だけ砂の戸締りをしている「てえげー」なトラフシャコの巣穴も観察することができました。




みんなが一斉に懐中電灯の明かりを消し、足元の海草藻場をかき回すとピカピカと青白く光る夜光虫とぼおっ~と長時間輝くウミホタルの世界をみなさん初めて体験し、「きれい~!」「こんなの見たの初めて!」と興奮しながらとても楽しんでいました。



12月21日の観察会_c0180460_17032339.jpg
また、海草藻場に空いた1~2cmの巣穴にすむ赤いトゲアナエビを周りに生えたリュウキュウスガモの海草を使って「トゲアナエビ釣り」の遊びにチャレンジすると、




12月21日の観察会_c0180460_17041280.jpg
エサの海草のリュウキュウスガモを両手のはさみで取りに来るトゲアナエビとのやり取りが面白く、



12月21日の観察会_c0180460_17041380.jpg
「すごい力で引かれた!」「草をとられました!」「これは食べられますか?」「釣りあげられないのですか?」とみなさんとても熱心に楽しむことができました。



12月21日の観察会_c0180460_17081574.jpg
最後に大きなブロックについたフジツボ、オハグロガキ、オニヒザラガイなどはみんな生きていて干潮時の今はピシッと殻を閉じて乾燥を防ぎ、満潮時になるとプランクトンや藻類を食べて生活し、ここでもきれいな海づくりに貢献していることを知りました。




「楽しかった!」「また来たい!」との感想を語ってくれた真夜中の観察会を無事に終えることができました。

みなさん、お疲れさまでした。



12月21日の観察会_c0180460_17063845.jpg
今年最後の観察会となりましたが、先日の総会で隊員のみなさんからお礼のお年玉をゆみさんに渡すことが決められたので、AさんとMさんから渡してもらい、嬉しそうに受け取るゆみさんでした。



みなさん、この一年間の諸活動、大変ご苦労様でした。




# by nami-5963 | 2019-12-22 16:41 | 磯遊び | Comments(0)

真夜中の海の散策②

この冬二度目のマイナス潮位なので、真夜中の海の散策に出かけ、夜の海を楽しんできました。



真夜中の海の散策②_c0180460_00134667.jpg
岸辺に少し砂地が残っているところにはたくさんのアマオブネが藻を食べに姿を現し、



真夜中の海の散策②_c0180460_00134770.jpg
ご夫婦らしき2匹のビッグなイソアワモチも食事に出てきていてビックリ!



真夜中の海の散策②_c0180460_00191068.jpg
海に入ると寝ぼけたハリセンボンにたくさん出会い、水面を照らすとグルクンの幼魚が光に驚いて海から飛び出すシーンを楽しむことができました。



真夜中の海の散策②_c0180460_00134786.jpg
大岩の下の水たまりには水中花のようなゴカイの仲間のケヤリムシが二匹いて、よく見ると左のケヤリムシのそばにハゼの仲間が昼間と違う夜の装いの「パジャマ姿」でぐっすり眠っていました。



真夜中の海の散策②_c0180460_00134879.jpg
イソギンチャクCには先日確認したカクレクマノの2匹が元気にしているのが嬉しかったで~す。



真夜中の海の散策②_c0180460_00134608.jpg
そばのサンゴが緑色の蛍光色に光り輝いてポリプを出してプランクトンを捕食しているのにはいつも驚かされま~す。



真夜中の海の散策②_c0180460_00210620.jpg
その後は、イソギンチャク巡りではない方向に散策すると、とても珍しいウズラガイに出合いました。

この12年間で二度目の出会いになりますが、昼間は砂に潜っていて夜になるとナマコを求めて動き回るナマコ食のとても薄い貝殻のウズラの卵のような模様を持った貝です。



真夜中の海の散策②_c0180460_00210585.jpg
そんな訳で、そばにクロナマコをそっと置いてみましたが、自分の力で探し当てたナマコでないからか?知らんふりで過ぎ去っていきました。



真夜中の海の散策②_c0180460_00231334.jpg
海藻のチヂレヅタが成長しだしているのを写真に収めていると、すぐ下の1cmほどの岩穴に住み込んだ「パジャマ姿」の魚のモンツキカエルウオと目と目があってしまい、笑ってしまいました。



真夜中の海の散策②_c0180460_00232051.jpg
ほかにも大型で赤い目を持つ肉食のイワオオギガニや



真夜中の海の散策②_c0180460_00240394.jpg
若いイトマキボラ、



真夜中の海の散策②_c0180460_00245616.jpg
すっかり水面から顔を出したエダサンゴや



真夜中の海の散策②_c0180460_00252732.jpg
水面から飛び出して縮れたようなヒトデ、



真夜中の海の散策②_c0180460_00263432.jpg
「水」の字のようなヒトデ、



真夜中の海の散策②_c0180460_00272353.jpg
砂地に花を咲かせたようなイソギンチャク、



真夜中の海の散策②_c0180460_00280309.jpg
「パジャマ姿」のハゼの仲間、



真夜中の海の散策②_c0180460_00282614.jpg
海藻の仲間のガラガラ、



真夜中の海の散策②_c0180460_00292236.jpg
ヘラジカハナヤサイサンゴ、



真夜中の海の散策②_c0180460_00300613.jpg
シライトイソギンチャクにすむクマノミや



真夜中の海の散策②_c0180460_00302973.jpg
大きな黄色い色のカイメン、



真夜中の海の散策②_c0180460_00305395.jpg
緑色でサンゴのような藻類のカイメンソウ、



真夜中の海の散策②_c0180460_00313279.jpg
交接中の外套膜に覆われたハナビラダカラのご夫婦などに出合いました。



真夜中の海の散策②_c0180460_00331902.jpg
この日もティラジャー(マガキガイのこと)は小さいものがやっと4~5個見つかったくらいで、目立つのは毒針を持つ大きいイモガイばかりで、採りすぎによってこの海ではティラジャーは絶滅危惧種になったようで残念でした。



真夜中の海の散策②_c0180460_00333868.jpg
「放貝場」でずっと成長を見守ってきたシャコガイの仲間の大きなジャゴウは元気に成長してくれていて嬉しくなりました。



真夜中の海の散策②_c0180460_00340351.jpg
久しぶりに猛毒を持つヒョウモンダコの仲間のオオマルモンダコに出合い、



真夜中の海の散策②_c0180460_00340909.jpg
警戒色の青い蛍光色の姿も写真に収めることができました。



真夜中の海の散策②_c0180460_00344989.jpg
岩肌にはアーサ(ヒトエグサのこと)が成長して緑一色になろうとしていますし、岩の上にはゴカイ食のマダライモも食事のために姿を現していました。




夜の海はみなさん自分の獲物を求め、食事に専念してとても忙しそうにしていました。



真夜中の海の散策②_c0180460_00362218.jpg
夜中の12時から早朝の4時の海の散策にはちょっと疲れましたが、たくさんの生きものたちに出合えましたし、冬の星座や冬のダイヤモンドも楽しめて大満足夜の海歩きとなりました。









# by nami-5963 | 2019-12-15 21:11 | 磯遊び | Comments(0)

2~5月のチラシの完成

いつものようにラクスル印刷から来年の2~5月のチラシが1500枚完成して届きました。



2~5月のチラシの完成_c0180460_16090934.jpg

表は2~5月の6回の観察会の日程を紹介しています。

冬は夜によく潮が引くため、来年最初の夜の観察会が3回と春の昼間の観察会が3回計画されていますので、ぜひご参加下さい。



2~5月のチラシの完成_c0180460_16091521.jpg
裏面は「年間計画」や駐車場・集合場所などの案内となっていますので、みなさんご活用下さい。





2~5月のチラシの完成_c0180460_16181385.jpg

早速、ラミネートをかけ、耐水性を高め、



2~5月のチラシの完成_c0180460_16185614.jpg

ハト目をつけて丈夫にしておきました。



2~5月のチラシの完成_c0180460_16361825.jpg
北風の吹き荒れるカーミージーの海の出入り口や駐車場などの4カ所に結束バンドで掲示していきました。



2~5月のチラシの完成_c0180460_00215123.jpg
先日は来年の四月の小学1年の新入生への入学プレゼントのパンフレットに入学祝の折り込みチラシ入れも出来上がり、来年の準備もずいぶん整ってきたのが嬉しい限りで~す。




# by nami-5963 | 2019-12-10 08:00 | 磯遊び | Comments(0)